【2話】嘘の戦争ネタバレや感想!原作はないオリジナル?黒幕は誰なのか

嘘の戦争【1話】では、とても衝撃的な展開で終了した。
30年前、一ノ瀬浩一の家族を襲った実行犯の一人である、五十嵐にまたもや襲われるというラストであった。

30年前、五十嵐に襲われ証言をすると嘘つき呼ばわりされ、詐欺師となった浩一。
そして30年後最大の復讐相手である二科を庇い五十嵐に襲われた。
これは、浩一二科家に信用される為にそのように仕向けた策略でもあるが、この重なった事に何か意味があるのだろうかと考えてしまう。

1話のネタバレなどは以下を確認して欲しい。

【1話】嘘の戦争のネタバレや感想など視聴率はどうなの!?

そして、嘘の戦争【2話】ではまたしても浩一は核心に少しずつ迫っていく。
一体なぜ、浩一の父は襲われてしまったのか?黒幕は本当に二科興三なのだろうか…..

そこで今回は、嘘の戦争【第2話】のネタバレや感想などをお伝えしたいと思う。

Sponsored Links

五十嵐に襲われた浩一は二科家の信用を得たか?嘘の戦争【第2話】ネタバレやあらすじ

まずは、第2話のあらすじがこちらだ。

ニシナグループ会長の興三市村正親)をかばって五十嵐甲本雅裕)に襲われた浩一草彅剛)は、二科家の顧問弁護士を務める六反田健次飯田基祐)から、今回の一件は事故として済ませたいと言われる。“六反田”という名前を目にした浩一は、男が30年前に新聞配達をしていた苦学生で、事件当時、浩一の父親が一家心中を図ったことを決定づける、うその証言をした人物だと気付く。

といったあらすじのようである。

嘘の戦争第1話では、偶然にもタイで復讐相手である五十嵐を発見し日本へ帰国した一ノ瀬浩一。
その後五十嵐を問い詰めると、二科興三が黒幕だと気づく。

そして上手く、浩一は二科家の長男に近づき信頼を獲得し、見事二科興三と対面することになったが、その時に二科を庇って五十嵐に襲われてしまう。

上記の事は、全て浩一が二科家に信頼を得るために考え、五十嵐をそのように仕向けさせたようだ。
今回、嘘の戦争第2話では、二科家の信頼も得ると同時に30年前の事件当時に嘘の証言をした人物とも出会うことになる。

嘘の戦争第2話での注目すべき人物は以下ではないかと考える。

  • 六反田健次
  • 二科隆
  • 二科楓

六反田健次に関しては、今回の浩一のターゲットになるようである。
また、隆に関しては、1話目から浩一の事を怪しんでいるようであり、二人は静かなバトルがありそうである。
さらに、隆からは浩一が五十嵐に襲われた時に笑っていた所を見られている。

浩一は楓に恋愛的な要素で近づく事によって、徐々に楓も浩一の事が気になり始めている。

嘘の戦争2話ネタバレ

嘘の戦争には原作がなくオリジナルストーリー展開となっているようなので、放送終了後にネタバレは記載したいと思う。

今回、詐欺師一ノ瀬浩一のターゲットになるのは、30年前嘘の証言をした【六反田】である。
彼は今や二科家の顧問弁護士を務める人物である。

彼も五十嵐同様、自白をすると予測されるがその時に新たな30年前の真実も明らかになると思う。
一体、一ノ瀬浩一にどのような真実が待ち受けるのだろうか?

五十嵐に襲われた浩一は、病院へ緊急搬送される。
なんとか一命をとりとめ、目が覚めるとそこには、二科晃と楓が寝ていた。

そして、病院に入院中の浩一の元へある人物来客する。
30年前の事件で【嘘の証言】をした六反田である。
彼は今回の五十嵐が起こした騒動を事故にしてほしいと、浩一に頼み、手付金を渡した。

だが、浩一は六反田の名前を名刺で見た時に過去の出来事が鮮明に蘇り、30年前新聞配達をしており警察に【朝方浩一の父が、こめんと泣き叫んでいた。】と嘘の証言をした人物と確信する。

そして次のターゲットは、30年前「嘘の証言」をしその見返りに今や二科家の顧問弁護士である【六反田健次】に決めた。

そこで、浩一は五十嵐に金を貸していた赤松金融になりすまし、電話で六反田に「30年前の嘘の証言」と浩一が言葉を発すると酷く動揺し始めた。
すぐに、二科興三の元へ行き助けを求めるが、こちらで対処するとして追い返されてしまう。

また、ハルカは六反田の所の若手弁護士に近づき情報を探る。
そうすると、彼は【金に汚く、とてもケチな人物】であり、さらには詐欺グループとも組み金を巻き上げている最低な弁護士だと分かった。

浩一は、さらに六反田を揺さぶる為に、二科隆になりすまし「助けられない」といった嘘のメールを送信する。
すると、ここである重要な事が分かった。
それが、六反田は二科会長との会話を録音しているテープを持っている。
これは、30年前の罪を自ら語ったものとメールを返してきた。

この事により、浩一はこのテープをなんとしても手に入れたいと思い、六反田の事務所に侵入するのだが、惜しい所で六反田で帰って来てしまい、部屋が荒らされている所を見てまたもや動揺し、録音テープを持ち出し二科隆に電話し、次の日にテープを見せる約束をつける。

そのことを聞いていた、浩一はここが最大のチャンスだと思い、なんとかテープを手に入れようとする。
そして偽のテープと本物テープを入れ替えることに成功し、浩一は会長が自らの罪を語ったテープついに手に入れた。

六反田にも復讐として、詐欺グループを関わっていた証拠となる写真を警察にリークされ、事務所に警察が来てしまう。
全てを失った六反田。

そのテープ内容は、ある学生達がOLを襲った事件があった。
OLは運悪く頭を打ってしまいなくなってしまった。
だが、大学生の親達はこの事件をなんとかもみ消して欲しいと、二科興三に頼む。

二科興三は、了承し解剖医、警察など様々な所に根回しを行い転落事故だったように見せかけた。
だが、ここである問題が起きた。
それが、解剖医の助手であった、浩一の父である【千葉先生】の存在だ。

彼は、解剖の結果数々の争った形跡や抵抗した跡があると言い放つ。
二科もなんとかしようとしたが、千葉は首を縦に振らなかった。
そこで、二科興三は千葉を亡き者したのだ。

そのテープを聞いた浩一は、やはり黒幕で首謀者は二科興三だと改めて認識し、復讐の鬼になる。

だが、肝心の二科興三は全く人の前に出てこない人物であるためどのようにして近づくのか悩んでいた。
そこに、ハルカが楓と結婚して身内になればいいと冗談交じりに言う。

浩一は、真に受けたのか楓との恋愛を発展させ身内になり、二科家に復讐をしようと企む。

そして、浩一と楓が夜二人で歩いていると、胸の傷は本当は幼い頃に出来たものと嘘と真実を混ぜた話を楓に語り始める。
楓も浩一を信じると言い、帰ろうとすると手を捕まれ、浩一の元へ引き寄せられる、そして二人はキスを………嘘の戦争第2話終了

嘘の戦争【2話】感想

今回はなんと、なぜ浩一の父が襲われてしまったのかという理由が判明した回でもあった。
正直六反田の話しよりもそちらの方が気になった。

六反田も30年前は新聞配達員であったが、嘘の証言をしたことによってパトロンが付き大いに出世した人物であった。
五十嵐と同様に今回も二科家の顧問弁護士も外され、そして詐欺グループと組んでいたことが警察にリークされ全てを失ってしまった。
当然の報いと言えばそうであるが。

だが、今回のキーポイントとなるのが、やはり浩一の父が襲われた理由。
大学生が起こした事件をもみ消したく、二科興三が根回し転落事故にしたのだが、浩一の父だけが断固として拒否したため襲われた。
そして浩一はそのことを六反田が持っていたテープで知って、必ず二科家に復讐をしてやると誓う。

だが、1つ疑問に思うことがある、1話目から一ノ瀬浩一の最大の復讐相手である黒幕は、二科興三と明らかにされている。
今回の嘘の戦争は【復讐シリーズ】なので、浩一の復讐劇を楽しむの1つだと思うがどうもしっくりこない感じだ。

最後は、二科興三に復讐をして終わり?なのかな?
それでは、面白くもないし結末やネタバレがバレバレである。
もしかすると、二科興三以外に黒幕がいるのではないか?と思ってしまう。

さらに、今回テープ内で六反田に話した内容は嘘だったのかもしれないという可能性もありえる。
大体、顧問弁護士になったばかりの人物に真実を話すだろうか?と思ってしまう。

まぁ、可能性の話なのだが…
今後の嘘の戦争の物語ではありえると思うが、逆にそうなってもらったほうが面白い感じはするんだけどな。

【3話】嘘の戦争ネタバレやみんなの感想は!?浩一・楓・ハルカ三角関係?

嘘の戦争オウム(インコ)の声は誰!?SMAP説シリーズ説どっち?【動画】

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事