【3話】おんな城主直虎のネタバレや感想など今川家とはどうなる?

おんな城主直虎【2話】では、おとわが髪を自身で切り衝撃な展開で終了した。
おとわは、鶴丸との夫婦約束をなくすためにどうにかならないか?と悩んだ挙句、出家という道を選んだ。

子供ながら、その大胆な考えはびっくりである。
多分通常の人ならば、そのまま鶴丸と結婚の道を歩むはずである。
多少、井伊直虎という人物はトンチがきいた女性だったのかもしれない。

気になるおんな城主直虎【3話】では、おとわが自身で髪を切った決断の真相やなにやら今川家が怒っており、出家を認めないようだ。
そこで、おとわ達は今川家にいる南渓の妹である、佐名を訪れる。

2話のあらすじなどネタバレは以下を確認して欲しい。

【2話】おんな城主直虎のネタバレや感想などおとわが出家するのか?

そこで今回は、おんな城主直虎【3話】のネタバレや感想についてお伝えしたいと思う。

Sponsored Links

【おとわ危機一髪】おんな城主直虎【3話ネタバレ】

まず、3話のあらすじが以下となる。

鶴丸(小林颯)と夫婦になることを拒み、出家をしようとしたおとわ(新井美羽)の捨て身の策は、主家である今川義元(春風亭昇太)の怒りを買うことになる。義元は忠義の証として、おとわを人質に差し出すよう直盛(杉本哲太)に命じる。井伊家存続のため苦渋の選択を強いられる直盛に南渓和尚(小林薫)は、今川の怒りをしずめ、おとわの出家を認めさせて人質を免れることを約束し、おとわとともに駿府の今川館へ向かう。

おんな城主直虎【3話】でのキーポイントが以下ととなる。

  • 道は一本ではない!?
  • 佐名

3話では、おとわが出家しようとしたことで、今川義元の怒りを買い人質に差し出せとまで言われる始末。
そこで、出家も認めさせ、人質を免れるよう策を講じる南渓は、おとわに妹である佐名を訪ねるように伝える。

この佐名という人物は、南渓の妹になり、井伊直平の娘なのだ。
そうなると、南渓の父は井伊直平ともなる。

とうとう、おとわの行動によって今川家も巻き込む展開となってしまったが、おとわは無事に今川家を納得させることが出来るのだろうか?

以下がネタバレとなる。

おんな城主直虎 3話 【おとわ危機一髪】ネタバレ

2話目では、おとわが捨て身の策として出家しようとし、自分の髪の毛を切る所で終了した。

おとわは、南渓和尚のように頭を丸め出家すれば、だれの嫁にもならずにすむと考え、カミソリで自身の髪の毛を切っていた。
だが、見事に髪の毛を切ることに失敗したおとわ。

そこに、直盛と小野政直が駆けつけた。
おとわの姿をみた小野は「これでは夫婦約束は無理ですな….」と放ち部屋を後にした。

おとわが行った行動によって、今川家から新たな命令が届く。
それが、「おとわは忠義の証として今川の人質とし、これに背けば成敗もやむなし」だ。

小野政直が、おとわの行動を今川家に報告したのだ。
またもや激怒したのは、井伊直平である。
今川・小野に対して戦意むき出し。

また、当の本人のおとわはというと、今の状況を見てられなく、その場去り、南渓和尚の元に向かい、今の状況になったのは、和尚のせいだ!!と泣きじゃくる。

そして南渓は井伊直盛にある助言をする。
「おとわの出家を今川に認めてもらうんじゃ!人質になろうと出家しようと、井伊に跡継ぎがいないことに変わりない。次の当主選びは今川の意のままではないか。それに気づかせることができれば、おとわはまた井伊へ戻ってこられる。」

おとわは今川家に、出家と人質を免れるために駿府に向かう。

そこで、南渓の妹にあたり人質に出された佐名とその娘である、瀬名に出会う。
だが、佐名は人質に出された事を恨んでおり、井伊家に協力的では無いことが分かった。

そうすると、南渓がおとわに佐名に渡してほしいと今川義元の母にあたる寿桂尼宛の手紙を渡すのだが、激怒して手紙を破ってしまう。

一方井伊家では、とうとう井伊直平が我慢しきれず行動を起こしてしまう。
それが、小野政直の息子である鶴丸を誘拐して監禁したのだ。
小野にもこの事件が耳に入り、直ぐにでも今川義元に報告しようとするが、あいにく稽古中で話せない状況。

そしておとわは、今川義元の母である、寿桂尼と対面。
そこに今川義元の息子である龍王丸おり、寿桂尼から「龍王丸と蹴鞠で勝てば何でも褒美がもらえる」と聞いたおとわは、勝負に挑む。

だが、勝負は龍王丸の圧勝。
おとわが諦めず何度も挑戦し、見事勝利する。

そこに今川義元が現れ、おとわは褒美を「井伊家に返して頂きたい」と発言する。
そして、大原雪斎と寿桂尼が現れ義元に近づき話した。
「良い戦をした者には褒美を取らせるのが武門の習い」「龍王にも見本を示せねば…」

すると、今川義元はおとわに「去ってよいとの仰せじゃ」と。

今川家からもらった書状には「おとわの出家をもって本領安堵とす」と記されていた。
これをみた南渓は涙ながら大手柄をじゃ!!と放つ。

佐名・寿桂尼・雪斎そして南渓の力を借りることで、おとわは井伊家の危機を救った……おんな城主直虎 第3話終了

おんな城主直虎【3話】の感想

第3話では、おとわが考え抜いた出家という行動が裏目に出てしまい、今川家に人質になってしまう所であった。
子供ながら鶴丸との夫婦約束をなくす為に考えた行動がこのような予期せぬ事になるとは、当の本人も思わなかっただろう。

だが、このような危機的状況も周りの力もあるが、見事切り抜け井伊家の危機を救った事は間違いないな。
おとわ本人も負けず嫌いな所もあるようであるが、目的の為に一生懸命に突き進む女性のようだ。
これは、後の井伊直虎にもある所ではないか?と考える。

今回見事、龍王丸に蹴鞠勝負で勝つことができ、今川家に出家を認めさせ人質までも免れたおとわであるが、出家することに悔いはなかったのだろうか?と感じてしまう。
例え亀之丞を思い、鶴丸との夫婦約束をなくす為とはいえ、女の子が出家するとは苦渋の決断だと考える。

だが、そのような時代背景もあるのかもしれないな。

おんな城主直虎【4話】では、出家したおとわの物語となるようであるが、今まで井伊家の姫として育ってきたおとわが果たして、修行は務まるのだろうか?
また、おとわとしての物語は次回で終了するようであるが、若干おとわが見れなくなるのは残念である。
最近の子役の演技は凄いな。

おんな城主直虎5話からは、柴咲コウ演じる【次郎法師(おとわ/井伊直虎)】の登場のようなので、待ち遠しく思う。

おんな城主直虎【4話】ネタバレや感想!次郎法師現る!

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事