CRiSiS(クライシス)ドラマ・最終回ネタバレの結末は裏切り?

小栗旬が主演を務めるドラマ【CRiSiS(クライシス)】が4月より放送開始となる。
僕自身おそらく今季の中では一番楽しみのドラマであり最終回がどのような展開になるの気になっている。
内容は公安機動捜査特捜班の小栗旬・西島秀俊などによるアクションエンターテイメントであるが、脚本をはあの【SP】などでも知られる、金城一紀さんでもある。
という事は、おそらく警察内の裏切り・計画などに知らない内に巻き込まれていく可能性は高いと思っている。

また、僕が好きな西島秀俊が出演し、ドラマCRiSiS(クライシス)では公安の役であり【MOZU】を思い出してしまう。
そこで今回は、ドラマ【CRiSiS(クライシス)】の最終回ネタバレの結末について追求していきたいと思う。

Sponsored Links

【CRiSiS(クライシス)】ドラマ・最終回ネタバレの結末とは!?裏切りの連続なのか!?

まず最終回ネタバレの前に今回4月から放送されるCRiSiS(クライシス)の大まかな話の流れが以下となる。

この物語は、警察庁警備部直轄の秘密部隊・特捜班に所属する稲見・田丸・吉永・樫井・大山などの活躍を描いた作品。
そしてこの5人を集め【公安機動捜査特捜班】を創設したのが、【警備局長・鍛冶】である。
彼らは各分野のスペシャリストでありながらも、一癖も二癖もある人物であり元いた場所からは、厄介払いされた人物たちもでもある。

特に稲見に関しては、元自衛隊員でありながら高い格闘技スキルを持っていており、犯人達との戦闘を任される人物でもあるが、多少派手な立ち回りな一面もあるため、よく周囲から注意を受けてしまう。

5人はそれぞれ知られざる深い過去も持っており、それが理由で特捜班に移動した者もいる。

そんな5人が解決する事件は、いわば【汚れ仕事】である。
表に出せない事件に関わっていくなか、政治的な思考が絡まり合う国家の危機に立ち向かっていくなか、彼が見出した答えとは…

今回のドラマ【CRiSiS(クライシス)】では主に1話完結タイプとなっていくようだ。
これは、途中ドラマの話を見逃したりする方にはいいかなと思うが、おそらくその中で誰かの計画・裏切り、そして彼ら5人の過去が段々と分かっていくのではないかと思う。

アクションも本当にすごいようで、特に稲見を演じる小栗旬の格闘シーンは多いようだ。
一体最終回はどのような結末になるのか楽しみである。

ドラマ【CRiSiS(クライシス)】最終回ネタバレ

ドラマ【CRiSiS(クライシス)】には残念な事に、原作が存在していない。
オリジナルドラマとなっているようだ。

これはこれでより最終回が楽しみになると思うが、僕的にどうしても今の段階でどのようなラストなるのか知った上でドラマを1話から見る事で、あの場面は布石だったのか!なんて事も思いたいというわがままもある。
そこで色々と調べてみたのだが、やはり情報はないようだ。

原案・脚本を手掛けたのは金城一紀さんなので、V6岡田が主演を務めた【SP】風に裏切りや誰かの計画に巻き込まれていくような形もあるのではないかと思っている。
ただ、それが誰なのか?ということだ。

また、今回放送されるCRiSiS(クライシス)とは別に小説も出されている。
物語はドラマとは別の話になっているが、基本的な人物の設定は一緒である。

その話は、ある武装集団【十三士】というグループがホテルをジャックするというもの。
この集団は坂東という男の手によって結成されたことが分かる。
そして、ホテルが政治家の所有物であったため秘密裏に事件を解決するように、特捜班が派遣されることになった。
相手は13人もおり人質は550人されにはVXガスも所有している状況。

5人では厳しいと思い、上は警視庁捜査一課の高石と妹尾が加わる。
見事、特捜班はVXガスの無力化・武装集団【十三士】を鎮圧し事件を解決する。

特捜班は事件を解決したと思っていたが、黒幕は別にいた。
警視庁捜査一課の【妹尾】が坂東という人物に変装し武装集団【十三士】を集め、ホテルジャック事件の黒幕だった。
だが、その彼も東京湾で仏さんとして見つかってしまう…

そんな中、田丸だけはどうにも腑に落ちず事件・坂東という男について考えていた。
そしてある一つに答えに行き着く、直ぐに彼は大山にハッキングして欲しいと頼み、本当の裏切り者の人物を掴む。

その人物は、妹尾の部下である高石であった。
彼らは警視庁のサーバーをハッキングし彼女が公安の人間であり内部スパイ。
だが、全ての証拠を消された今逮捕も出来ない。

そして、稲見と田丸は特捜班を創設した鍛冶の元を訪れホテルジャック事件・彼の直属の部下である高石について聞くが相手にされず、君たちは国を守ったんだ。と言われる…

結局この事件の本当の黒幕は、特捜班を創設した鍛冶であり、それを解決したのが特捜班となってしまった。

上記のような話からして、おそらくドラマ【CRiSiS(クライシス)】最終回のネタバレを考えると、同等またはそれ以上のスケールの話になることは間違いない。
犯人と思っていた人物が本当は別に真犯人がいて、だがその人物も誰かに操られていて本当の黒幕は上層部の人間であるような流れではないかなーと思っている。

そして事件を起こすことで、誰かが得をしそのためだけに犯人達は動かされただけのコマのような存在なのかもしれない。

ドラマCRiSiS(クライシス)の最終回も楽しみではあるが、稲見・田丸の過去などもおそらくドラマ内で明らかになるのでその辺りも見所の一つである。
だが、やはり誰が【裏切り者】なのかは気になるところだが、稲見・田丸に関してはどんなに怪しい動きをしてもないと思うが、他の吉永は元々公安にいいイメージを持っておらず、大山に至っては吉永の過去を探ろうとしている。

だが、やはりドラマ内でも【公安機動捜査特捜班】を創設した【警備局長・鍛冶】の行動には注目したいし、最終回にどのように関係してくるのか気になる所だ。

何か新情報が分かり次第ネタバレとして追記したいと思う。

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事