【ドニャーナ国立公園】森林火災!?現場画像や原因とは!?

スペイン南部で森林火災が発生したようである。
さらに世界遺産にも登録されている【ドニャーナ国立公園】もこの火災に含まれていると報じている。

現場では、強風で火は瞬く間に広がっているようで、鎮火のメドがたっていないようだ。

そこで今回は、スペイン南部ドニャーナ国立公園で起きている森林火災の原因や現場画像について迫りたいと思う。

スペイン南部【ドニャーナ国立公園】で森林火災が発生!?

まず今回報道されている内容がこちら

スペイン南部で25日、大規模な森林火災が発生し、ロイター通信などによると、これまでに住民ら1500人以上が避難した。現場は世界遺産に登録されている自然保護区のドニャーナ国立公園も含まれるという。強風で火は瞬く間に広がったということで、鎮火のメドはたっていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170626-00000012-nnn-int

現場の範囲はとても広いようで、火災が発生している中に世界遺産にも登録されている【ドニャーナ国立公園】も含まれているようだ。
地図でいうと以下の場所になる。

ヨーロッパでも最大級の自然保護区であり、毎年50万羽以上の渡り鳥や水鳥たちが越冬地に選ぶ楽園と言われている。
面積は【約54251 ha】ととても広く観光コースもあるようだ。
生態系は、900種類以上にものぼり、スペインオオヤマネコも生息している。

現在はどの辺りで火災が発生しているのかは、詳細には分かっていない。

【ドニャーナ国立公園】森林火災の原因や現場画像は!?

そんな現場の画像がこちら

今のところ原因などは分かっておらず、鎮火のメドもたっていない。
やはり現場では強風の影響もあるのだと思う。

少しでも早く消火されること願いたい。
動物たちは大丈夫だろうか・・・

シェアお願いします(/・ω・)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事