原竜也が東京五輪ロゴ無許可使用で逮捕!!ネットショップの名前は?

インターネットショップ経営者・原竜也が東京五輪のロゴを無許可で使ったピンバッジを販売したとして逮捕されたようだ。
今回の逮捕は、【TOKYO2020】の商標をめぐり初の摘発であるが、彼は商標されているとは思っていなかったと話している。

そこで今回は、ネットショップ経営者・原竜也の顔画像やネットショップについて迫りたいと思う。

Sponsored Links

ネットショップ経営者・原竜也が東京五輪ロゴを無断で使用する…

まず今回報道された内容が以下となる。

東京オリンピック・パラリンピックのロゴを無許可で使ったピンバッジを販売したとして、40歳の男が逮捕されました。

インターネットショップの経営者・原竜也容疑者は去年8月から10月までの間、無許可で東京オリンピック・パラリンピックのロゴを使ったピンバッジ6個を男女3人に販売し、約54000円を売り上げた疑いが持たれています。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170615-00000020-ann-soci

今回の容疑は、東京オリンピックの公式文字商標を無断で入れたバッジを販売したことが、商標法違反とみなされ逮捕されている。
今のところ原竜也は、容疑に否認している。

取り調べでは、「商標登録されているとは思わなかった」と話しているようだ。
ちなみに彼が販売していた商品がこちら

ガッツリと【TOKYO2020】が入っちゃっている・・・
もしもこれからオリジナル商品を作られる際は気をつけた方が良いかと思う。
この文字をいると逮捕されるので

ネット上の反応

このバッジ当たりめ
凄く儲かるんだね!?模倣犯増えてくるだろうな~っ!
見た目が祭りの出店にある的屋だな。
ネット通販で的屋したらアカンやろ。
取調べで「コンセプトが違う」と言ってみたらどうだろうか?
ピカチュウの柄が入っているのに商標と思わなかったとか、40のオッサンが本気で言ってるのなら終わってる。
俺なら佐野さんから版権もらってあっちのエンブレムをバッジにしてうる。だってオリンピックとは縁が切れてるからね。300円でどうだろう?
どうせならパクリ問題以前のデザインで売れば
そんなもん買うヤツがいるのが理解できない。

原竜也の顔画像やネットショップとは?

そんな彼の顔画像やプロフィールがこちら

  • 名前 : 原竜也
  • 年齢 : 40歳
  • 職業 : インターネットショップ
  • 住所 : 愛知県愛西市稲葉町

今のところどこのインターネットショップを経営していたのかは、特定されていない。
こちらに関しては、分かり次第追記したいと思う。

彼は、この商品を110個ほど売っており、約60万円の売上を上げていたようである。
中にはピカチュウを使った商品まである。
なのにどうして【商標登録されているとは思わなかった】と話しているのだろうか・・・
完全にピカチュウの時点でアウトなのに。

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事