【茨城】ヤンキーピラフの由来とは!?画像はある?

茨城県にある「山茶郷湊店」で食べられる【ヤンキーピラフ】という料理をご存知だろうか?
名前から見る限り、ヤンキーっぽいピラフなんかな?とも思ってしまう。
この喫茶店「山茶郷湊店」は茨城のヤンキーが集まる場所なので、もしかすると由来はそのあたりなのかなーとも思ってしまうが、気になるところである。

そこで今回は、茨城県で食べられる【ヤンキーピラフ】の由来や画像についてお伝えしたいと思う。

Sponsored Links

【画像】茨城県【山茶郷湊店】で食べられるヤンキーピラフの由来とは!?

名前からしてこのピラフはおそらく反抗期でありイコールピリ辛なのかな?とも予測ができる。
このピラフを販売しているのは、茨城県にある「山茶郷湊店」という喫茶店である。

以下がお店の詳細となる。

  • 名前 : 山茶郷湊店
  • 住所 : 茨城県ひたちなか市部田野3705-3
  • 電話 : 029-263-2471
  • 営業時間 : 10:00~19:00
  • 定休日 : 月曜日

そして話題の【ヤンキーピラフ】の画像がこちら

おー、何か想像してた感じとまた違うような・・・
僕がイメージしたのはヤンキーという名前が入っているから、暴走族のようなもっとド派手な感じのピラフと思っていたが案外美味しそうであり普通のピラフだ。

ちなみに料金は680円でスープがついてくるようだ。

また、山茶郷湊店では茨城のヤンキー達が集まるということなのだが以下のようなツイートもある。

これはヤンキーというよりも元ヤンのような気もするが、流石にこんなに集まっていると、普通の方は入りづらいな・・・
だが、毎日ようにいるようではなくヤンキーと遭遇しなかったという方も多いようだ。

見た目は普通!ヤンキーピラフの由来とは!?

やはり気になる所が、このピラフの由来である。
見た目はフライパンで提供される所、以外は普通の美味しそうなピラフにしか見えない。

一体なぜこのピラフにヤンキーと加えたのだろうか?

色々と調べてみると由来となる理由があったようだ。
それが、山茶郷湊店のオーナーが店をオープンする時に近所の住人などを集めてメニューの試食会を行ったようだ。
その時に地元のヤンキー達も参加。

そしてオーナーは、インパクトを与えようとピラフをフライパンのまま出したところ一人のヤンキーが、「ヤンキーピラフ」といい始めたのがキッカケとなり、今でもこの名前が使われ人気メニューとなったとされている。

まさか、ヤンキーがヤンキーピラフの名付け親だったとは・・・まるでそのままではないか。

意外な由来を持つこのピラフであるが、味はとても美味しいようである。
一度は食べてみたいが、出来ればヤンキーには遭遇したくはないな・・・

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事