【イオン】商品PRがランサムウェアに感染!?日本でも被害は拡大?

現在日本でも徐々に被害が拡大しているサイバー攻撃【ランサムウェア】
現在確認が取れているだけでも2000の端末がウイルスに完成していると発表されている。

中には日立製作所など大手の企業も入っている。
さらにイオンの商品PR画面もがランサムウェアに感染し一般の方がツイッターに投稿している。

そこで今回は、ランサムウェアに感染したイオンの商品PR画面について迫りたいと思う。

スポンサーリンク

【イオン】商品PR画面もがランサムウェアに感染・・・日本でも被害は拡大中

まずツイッター上に投稿されたツイート以下になる。

うん、ガッツリ感染してますな・・・・
これお客さん見たらびっくりだろうな。

まさか朝からテレビ報道であっているウイルスが目の前にあるのだから。
日本では、現在日立製作所や大阪府のホームページなどが被害にあっていると報じているが、この他にも企業や個人間で感染された方もいるようだ。

このランサムウェアを使ったサイバー攻撃は、日本だけではなく現在世界150ヶ国以上で被害起きている。
大規模なサイバー攻撃でもある。
注意喚起が出たのは、日本では週末だった為、あまり被害が少ないように見えたがやはり週末が開けると被害も着実に増えている状況。

今回は、WindowsXPの脆弱性に付け込んだサイバー攻撃であり【WannaCry】と呼ばれるランサムウェアが攻撃に使用されている。
殆どの方が感染経路は、メールの中にあるリンクをクリックしたことによるもの。
なので、信頼できる差出人からのメール以外は削除するように呼びかけている。

今の所、僕のパソコンは感染はしていないようであるが、企業なんかで古いパソコンを未だに利用されている所は本当に注意したほうが良いと感じる。

現在確認されているランサムウェアを使ったサイバー攻撃としては史上最大の規模となっている為、本当にメールなどには注意したほうがいい。

サイバー攻撃を仕掛けたハッカーとは・・

また、この大規模なサイバー攻撃を仕掛けたハッカーは各国の当局が特定に全力を注いでいるようだが、未だ特定はされていない状況。
さらに犯人像は、個人ではなくサイバー犯罪を専門とする地下組織が関わっていると睨んでいるようだ。

今回感染したパソコンでは、データが人質に取られ身代金をビットコインで約3万4000円払えと命じられる。
もしも払わなければ、データファイルが消去されるといったものだ。
そして、現在”確認されている”被害件数は、20万件に及ぶ。

少額だから払おうという方が出るのも多いはずかも知れない。
ただ、株式会社シマンテックという会社は身代金を払うのではなく、バックアップから復元するようにと言っている。

一番は怪しいメールは見ない!!または直ぐに削除!!そして当分メールフォルダを開かないw、怪しいサイトにも行かないリンクもクリックしない事が重要であると思うが、感染したパソコンはどうやったら治るのだろうか?と疑問に思う。
その辺りは、調べて追記したいと思う。

スポンサーリンク

時間があるならシェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です