角本稔が鍵穴に接着剤を流した理由とは!?顔画像など経歴は?

神戸港を考える会の会長である角本稔が店の鍵穴に接着剤を流したとして逮捕されたようです。
容疑については認めているようなのですが、一体なぜ会長である人物がそのような事をされたのでしょうか・・・

そこで今回は、角本稔が鍵穴に接着剤を流した理由や顔画像など経歴について迫りたいと思います。

Sponsored Links

角本稔がギョーザ店の鍵穴に接着剤を流した理由とは?

まず今回報道された内容が以下となります。

兵庫県警生田署は25日、中央区元町通2にあるギョーザ店の鍵穴に接着剤を流し込んだとして、偽計業務妨害の疑いで、喫茶店経営者の角本稔容疑者(73)=明石市朝霧南町=を逮捕した。

引用元 : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000009-kobenext-l28

逮捕容疑は、2017年9月11日の午後11時頃にギョーザ店従業員出入り口の鍵穴に接着剤を流し込みんだ疑いのようです。
問題のギョーザ店なのですが、どこなのかは今のところ公表はされていないようですね。

ちなみに報じられているお店の住所が以下となります。

僕自身上記の場所に行ったことがないので、どのギョーザ店なのかは分かりませんがお店の人からすれば本当に迷惑な話ですね。
接着剤を鍵穴に流し込んだということですが、もしかすると鍵そのものを交換という形になった場合はそれ相応のお金もかかりますからね・・・

おそらく固まってそのような形になるのではないかなと思いますが。

一体なぜ角本稔はこのギョーザ店の鍵穴にそのような接着剤を流し込んだのでしょうか?
犯行からして嫌がらせというのは分かります。
ただ、報道ではその理由が未だ報じられていないようですね。

もしかすると、過去にお店とトラブルになっていたのかもしれません。
こちらに関しては、続報で分かり次第追記したいと思います。

角本稔の顔画像や経歴は?

そんな彼の顔画像などの情報ですが、今のところ公表はされていないようですね。
こちらに関しては分かり次第追記したいと思います。

現在分かっているのは以下となります。

  • 名前 : 角本稔
  • 年齢 : 73歳
  • 職業 : 神戸港を考える会
  • 住所 : 明石市朝霧南町

今は【神戸港を考える会】の会長を務められているようですが、以前は遊覧船の元船長だった方のようです。
ただ、今回の件でイメージはあまり良くないでしょうね。
また、警察の調べで鍵穴に接着剤を流されたギョーザ店は過去に2度も同じことがされており、設置されていた防犯カメラには角本稔が写っていたと報じられています。

神戸港を考えてらっしゃる方がこのような逮捕になるとはちょっと残念ですね。
同じ神戸市のお店にこのような嫌がらせをするとは、一体なぜなのでしょうか・・・?

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事