【ケルビムこどもクリニック】医師がワクチンを混ぜて接種!?

東京・品川区にある【ケルビムこどもクリニック】本来は別々に打つワクチンを混ぜて予防接種していた事が分かったようだ。
現在予防接種をされた方は、0歳から7歳までの358人が確認が取れているようだ。

僕自身、医療には詳しくはないが本来別々に打つべきワクチンならば、指定された通りするのが通常ではないか?と思う。
別々に打つべき理由もあるのではないのかとも思える。

そこで今回は、【ケルビムこどもクリニック】でワクチンを混ぜて予防接種をした医師について迫りたいと思う。

Sponsored Links

【ケルビムこどもクリニック】医師が複数のワクチンを1本の注射器に混ぜて接種!?

まず今回報道された内容が以下となる。

東京・品川区のクリニックの医師が、本来は混ぜてはいけない複数のワクチンを混ぜて乳幼児などに接種していたことがわかりました。

http://bokunolog.com/wp-admin/post-new.php

このワクチンを打たれた方は、確認が取れているだけで358人であり、0歳~7歳までの子供のようだ。
医師は、はしか・水疱瘡・おたふくかぜのワクチンを1本の注射器に混ぜて予防接種をしていたと報じられている。

本来ならば、これは別々に打つべきワクチンであるが、今の所健康被害の報告はないと言われている。
本来のワクチンとは違った予防接種をしていたわけであるが、僕自身ただ単に1本1本打つと面倒くさい・時間がかかると言った理由ではないかとも思う。

ちなみにケルビムこどもクリニックの男性医師は、2009年の開業当時からこの方法で予防接種を行ってきたと言われてる。
また、今回の件に対しては「注射の回数を減らして子どもの負担を減らそうとした」とも話している。

う~ん、自分の負担を減らそうとしたではなく子供の負担かー・・・
まぁ、子供は注射嫌いな子が多いけど、本来の接種とは違うやり方で効果があるのだろうか・・・?
報道では、本来混ぜてはいけないと報じているが混ぜるとどうなるのだろうか?とう疑問も残る。

ネット上の反応

子どもの負担?
混ぜて摂取がどのような影響を及ぼすのかわからないが危険であることに変わりはないでしょ。
自分がいっぺんに済ませたほうが楽だと考えたからなのでは?
天使たるケルビムがそんなことでは駄目じゃないか。
本来、ワクチンといえども悪しきものもあるので凡人たちは注意とす。
元来、神はそもそも人間達の身体には薬を必要としないように創造されている。さて今の世の中、ワクチンで泣いた者等はどれだけいるであろうか。
そんな接種が可能なら最初から全混交ワクチンが薬剤メーカーから発売されている・・・
この医者は、医師免許あるのか???

ケルビムこどもクリニックのワクチンをませて接種した男性医師とは?

そんな【ケルビムこどもクリニック】なのであるが、ホームページ上で5月末で閉院することになったとお知らせをしている。

おそらく今回の問題が関係しているのではないのか?と感じる。
ちなみにこのワクチンを混ぜて注射していた事がバレたのは、品川区に住む人から指摘が入り区が調べた所判明したようだ。

ケルビムこどもクリニック 院長

今の所、ワクチンを接種した男性医師は分かっていないようだが、開業当時からこのような混ぜた予防接種を行ってきたと話している。

ちなみにこのクリニックの院長が以下となる。

  • 名前 : 堀内 清
  • 年齢 : 不明
  • 職業 : ケルビムこどもクリニック 院長
  • 住所 : 不明

とても優しそうな感じの方である。
特に縫いぐるみを載せると所なんてチャーミングな院長だな。という印象。

ワクチンを打った医師に関しては、今の所公表はされていないが、クリニックが閉院する事と関係はあるだろうな。
それも5月末となるととても急過ぎる気もする・・・

今後のワクチンを混ぜた事により問題が起きないといいが・・・

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事