【貴族探偵】最終回ネタバレの結末とは!?原作との違いは?

2017年4月17日より月9の新ドラマとして相葉雅紀が主演で【貴族探偵】放送される。
こちらを見られた方は今までの推理ドラマの常識を覆されたのではないだろうか?

それもそのはず、主人公である人物は一切推理などをせず優雅にティータイムをしながら女性と戯れ見ているだけ、そして捜査・推理をするのはその使用人達である。
僕自身も原作である【貴族探偵】と【貴族探偵 対 女探偵】を読んだが、もしかして最後には推理をするんではないか?という思い読みながら淡い期待があった。

そこで今回は、【貴族探偵】の最終回ネタバレの結末や原作との違いについて追求していきたいと思う。

Sponsored Links

【貴族探偵】最終回ネタバレの結末や原作との違いとは!?最後は女探偵の勝利で終わる?

まずは簡単に今回放送される相葉雅紀が主演するドラマの大まかな流れを説明したいと思う。

名前・年齢・どのような人物なのかは全く不明である主人公の【貴族】は探偵を趣味にしている男性。
自身が気にいた事件または女性からの頼みではないと全く動こうともせずとても気ままな人物でもある。
だが、とても紳士的でありレディーファーストを心がけ・身なりはいつも高級なスーツを身にまとう。

そして家柄も名高い地位のようで、警察上層部にも口利きができるほど。
そのことから全く関係がない事件でも探偵として捜査ができる。
だが、彼の探偵の推理は全て自身の使用人が捜査・解決するといった、とても変わった推理で逆の意味で事件関係者を驚かす。

そんな中ある女探偵である【高橋愛香】と事件現場で偶然にも出会う。
彼女は地道な捜査をすることで、探偵という職業に誇りをもった人物。
そのため彼の振る舞い・推理のやり方がとても気に食わず度々衝突し、彼よりも先に事件解決をしようとする。
だが結局は、同じ現場に居合わせて起きながら彼に(使用人の推理に)負けてしまう。

今回のドラマ【貴族探偵】では、まさかの主人公が推理をしないというちょっと変わった話である。
彼いわく【使用人も自身の所有物】なのだから自分が解決していると言う。
そんな中同じ探偵である、【高橋愛香】との勝負や事件のトリックなどが一つの楽しみでもあるかもしれない。

貴族探偵ドラマと原作の違いとは?

今回放送されるドラマには原作が2つ存在する。

最初の原作には【高橋愛香】という人物は登場せず【貴族】のみの登場で主に彼がどのような人物であり、どのようにして事件を解決していくのか?という物語でもある。
その時に使用人が事件の捜査を行い、関係者に調べた事を元に推理を披露するという物。

そして2番目では、高橋愛香が同級生の女性の別荘で事件があった時にたまたま居合わせた貴族探偵と出会い、その後も度々事件現場に居合わせることになり、形式上彼らと推理勝負となっていく物語である。

そこで今回多少ネタバレとなってしまうが、ドラマと原作の違いを以下のリストにして見たので見て欲しい。

  • 貴族探偵には髭が生えている。
  • 使用人のメイドは20代前半で若い女性
  • 使用人の佐藤はプロレスラー並の体格
  • 刑事である鼻方雷雨は原作では登場しない
  • 原作では高橋愛香の師匠である探偵は男であり、ガンで亡くなる
  • ドラマに出演する【謎】という女性は小説には登場しない。
  • 小説では使用人はもう一人料理人である高橋が存在する。

ざっと原作とドラマの違いを上記に挙げてみたが、もしかするとこの他にもあると思うが、その時はコメントしてもらえると嬉しい。

原作では貴族探偵には髭が生えており、よく高橋愛香は髭探偵と呼んでいた。
おそらく演じるのが、相葉雅紀なので髭は無くす設定にしたのだろうが僕としては髭があるイメージだったのでちょっと残念な所はある。

また、一番僕が驚いたのは高橋愛香の師匠が女性でありドラマでは謎の死を遂げているということである。
おそらくオリジナル要素となるようであるが、原作では業界内ではとても有名な男性探偵であり、ガンによって亡くなっている設定。

もしかするとこのあたりもドラマの一つの見所だと感じる。

ドラマ【貴族探偵】最終回のネタバレとは!?

※ここからはネタバレに入るので注意

今回放送される【貴族探偵】では原作が存在し完結している作品となる。
小説では2つがあるが、第一話から【高橋愛香】が出演することから、最終回には【貴族探偵 対 女探偵】の最終章である【なほあまりある】が放送される可能性が高いと思う。

最終章の話はやはり2人の推理勝負?みたいな感じになってしまうのであるが、最後のどんでん返しは、まさかに貴族だな・・・と思ってしまった。
まぁ、ドラマの長さからしてその間にはオリジナルの話も入ってくると思うが、この最終章が最終回ならば二人の勝負に納得できるかなといった所だ。

それでは貴族探偵のネタバレを行いたいと思う。

貴族探偵 最終回結末・ネタバレ 【なほあまりある】

女探偵である【高橋愛香】はある依頼を受け【亀来島(かめきじま)】に向かっていた。
依頼人は不明であり、謎の依頼であった。

また、依頼料の金額も通常の4倍にもなる金額であり、どう見ても怪しく誰かの罠ではないかとも思った。
いつもの高橋愛香なら断ったが、悩んだあげく自身の尊敬する師匠なら迷わず引き受けただろうし、依頼料も魅力的だったためだ。

そして何よりここ最近の自身の悪評にもあった。
貴族探偵と事件で遭遇してからは、いつも空回りな推理ばかりをして負けて推理は失敗に終わる。
その為ここ最近は、仕事も徐々に減りつあった。
そこで評判が地に落ちる前に新たな名声を築こうと思い、この不可解な依頼を受けた。

亀来島の所有者は【具同正次】という人物であり、元伯爵。
重工工業関係の門閥として政財界に絶大な影響力を保持している人物だ。
言わば大物中の大物。

そんな亀来島に向かうクルーザーの中で高橋愛香は【具同佳久】と【有岡葉子】に出会う。
佳久は正次の三男の息子であり葉子は彼の大学のゼミの先輩にあたる人物。
二人も亀来島に向かっているという。

そしてクルーザーが亀来島につくと具同家の使用人である【平田さん】が迎え入れる。
高橋愛香は、自身を依頼した人物を探そうとすると、そこである女性から声を掛けられた。

「いらっしゃい、愛香さん」

それは【玉村依子】であった。
直ぐに高橋愛香は、彼女が今回の依頼人であり悪戯だと気づく。
それは過去に玉村家の別荘で事件に巻き込まれた時に依頼を受けた為である。
その時にもあの【貴族探偵】と遭遇し推理に失敗し彼の使用人が事件が解決している。

依頼について問いただしても答える気もなく、会わせたい人がいると発言する。
それが【具同真希】であり具同正次の直径の孫娘である。

二人は世間話をしているとそこに高橋愛香の宿敵とも言える男性が現れる。
それが【貴族探偵】である。
彼はただ単に島のウミガメを見に来ただけと話す。
だがそこには、いつもいる使用人の姿はなかった。

そして夕方最後の来客である【具同弘基】と【国見奈和】が到着する。
国見奈和は貴族探偵のファンだったようで、会えたことにとても感激を受ける。

雨が振る中のディナーの最中【有岡葉子】多少酔いながら話し始める。
「二年前、私、ひき逃げを目撃したの」
雨の日に彼女は電車で大学まで通学途中に駅から傘をさして歩いていた。
そこに傘をさした学生が自転車で追い越したのだが、強い風で学生の傘が空に飛んだ。
その直後、白いスポーツカーが飛び込んできて・・・・ドライバーは窓から首だけを出して確認した後、慌てて逃げていったと話す。

有岡葉子は当時、突然の事で記憶もおぼろげだったが、さっきハッキリと思い出したと話す。

そして次の日事件が起きる。
具同家の平田さんと有岡葉子が死体で見つかったのだ。

そこで、探偵である高橋愛香は事件を解決しようと動く。
だが、もう一方の貴族探偵は動く気配が全く無い。

一人捜査を進めるため有岡葉子が発見された部屋の捜査を開始する。
するとある何点かの不可解な事に気づく。

事件を解決しようと彼女は捜査を続けていると、貴族探偵に使用人を呼ぶのは簡単だ。
だが、それで本当に君はいいのか?
彼らが来れば事件も直ぐに解決する。と煽りを掛けられる。

過去の事件で高橋愛香は、幾度なく彼らに敗れ推理に失敗をしている。
だが、今回こそは間違っていないと思い、犯人はもう解っている。とはなす。

そして事件解決に臨むと、犯人は当初は殺意はなく、昨日有岡葉子が話していたひき逃げについて口止めをするつもりだけだったが、話がもつれ殺害してしまった。
高橋愛香は、葉子の部屋にいたのは【貴族探偵】であると名指しをする。

だが、犯人ではないとも話す。
彼は葉子の部屋で犯人と会っていたようなのだ。
続いて彼女は、犯人は【国見奈和】と言い放つ。

国見奈和はまず最初に、自身の部屋で有岡葉子とひき逃げの話でもつれ殺害。
その後、葉子の部屋に遺体を運ぶために彼女の部屋を見に行く。
そして部屋を離れようとしたその時、運悪く【貴族探偵】と出会ってしまう。
しかたなく葉子の部屋で話をすることに。

その後、指紋などを拭き取るのだが大きな誤算があった。
それがバラの花である。
これは平田さんが各部屋に別々の種類のバラを置いている。
だとすると、陽子の部屋のバラと自身の部屋のバラを入れ替えなければ、犯人がばれると思い入れ替える。
すると、もしも平田さんがそのバラを見れば入れ替わっていることに気づく。
そこで、国見奈和は平田さんも殺害することに。

国見奈和は泣きながら「ごめんなさい」泣き崩れる。
彼女は警察へと引き渡されていく・・・

そして、高橋愛香は貴族探偵に対して今回は私の勝ちね。と誇らしげに言い放つが、突然彼は腹を抱えて笑う。
「誰が君を雇ったと思っているんだい?」と思いもよらぬ質問に、依子さんだと即答する。
当の依子は、自分が依頼人であるとは言っていないわ。と発言。
この事から高橋愛香は、今回の謎の依頼人の正体を気づいてしまう。

そう、今回の彼女は【貴族探偵】の所有物(探偵)として島に来て、いつものように彼が事件を解決したのである。

上記がドラマ【貴族探偵】最終回のネタバレとなる。
おそらく原作の最後とドラマの最後は一緒になるのではないかと思っている。
だが、最後に僕は使用人がいないことから彼が推理を披露するのではないかと思ったがそれも儚く消え、一度も彼が推理をしている所を見ないままである。

また、高橋愛香は全ての話で彼らとの推理勝負で惜しい推理をし、犯人は【貴族だ】と言い放ち負けるのだが、最後の最後では真犯人言い当て見事事件を解決しているといった彼女自身の成長の姿も見所の一つである。

ただ、一つ気になる点はドラマのオリジナル要素である謎の女性と高橋愛香の師匠の謎の死である。
この2つが最終回で明らかになるとちょっとハッピーエンドっぽくないし、貴族探偵と女探偵としての終わり方で言えば、小説の【なほあまりある】が今まで使用人を使って事件を解決していたが、最後まさか高橋愛香を使って貴族探偵は事件を解決するという話の方が僕はこの話の最終回に相応しいと感じる。

【貴族探偵】本名や名前など正体は!?推理はしなくて原作に秘密が?

2017.03.23

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事