宮川剛彦・山宮優美の顔画像や勤務している会社はどこ!?

宮川剛彦と山宮優美が外国産のゴボウを青森県産と偽って保育園に納品し逮捕されたようだ。
その外国産の産地は中国などとも報じられている。
本当にそのように偽るのは辞めて欲しい・・・

別に中国産でも台湾産でもしっかりと表記して欲しいと思うが、おそらく価格の問題だと思うが・・・

そこで今回は、逮捕された山宮優美と宮川剛彦の顔画像や勤務している会社について迫りたいと思う。

スポンサーリンク

宮川剛彦と山宮優美が中国産のゴボウを青森県産と偽って保育園に納品・・・

まず今回報道された内容が以下となる。

保育園の給食の食材用に外国産のゴボウを青森県産であると偽装して納品していたなどとして、食材卸売り会社の支店長の男らが警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、横浜市の食材卸売り会社の支店長・宮川剛彦容疑者(41)と仲卸の会社の社員・山宮優美容疑者(34)

二人は2016年8月頃に外国産のゴボウを青森県産だと偽装し、都内の保育園に納品したと言われている。
容疑については否認しているようだ。

山宮優美が宮川剛彦から依頼を受け中国や台湾から輸入したゴボウを青森県産の産地表を作成していたようだ。
おそらく価格の問題や利益をもっとあげるためだと思うが、そのゴボウは保育園に納品されたという事は、園児が食べることは分かってやっていたと思う。
許せないな。

また、警察の調べではこれまで6000キロの産地を偽ったゴボウを283ヶ所の保育園に納品していると見られている。
常習犯だな。
バレたのは内部による告発なのだろうと思うが、本当にこのような事が明らかになってよかったと感じる。

以下が二人が産地を偽装して納品していたゴボウとなるようだ。

やはりゴボウとなると見分けがつきにくい。
保育園も青森の国産だからこそ安心して仕入れていたと思うし、その事を大いに裏切った行動だと感じる。

ネット上の反応

こんなん皆やってるでしょ。
どう見ても同じ場所で収穫したように見える野菜の産地が、全然違う2・3ヶ所の産地表示だったりする。
ゴボウはさすがに見分けがつかない・・・
外国産て、中国?
なぜ社名を出さない?問い合わせさせない作戦か?

そう言えば、ごぼうは
日本(及び一部の中国、台湾のみ)でしか食用にされておりませんよね。

農薬まみれの危険な中国野菜を、偽って保育園に売るとは許せん
給食食材卸売業者でなく社名を公表すべき。
ごぼうって日本だけの野菜と思ってた。

宮川剛彦と山宮優美の顔画像や会社は?

そんな彼らの顔画像や会社の情報がこちら

  • 名前 : 宮川剛彦
  • 年齢 : 41歳
  • 職業 : エースプランニング 埼玉支店長
  • 住所 : 埼玉県富士見市羽沢

  • 名前 : 山宮優美
  • 年齢 : 34歳
  • 職業 : 富士仲青果 社員
  • 住所 : 東京都北区豊島

今の所勤務している会社については情報が上がっていないようだ。
こちらに関しては、分かり次第追記したいと思う。

警察の取り調べでは容疑を否認しているようだが、一体どのようにして今回の事が明らかになったのだろうか?
むしろ二人の関係性も気になるが・・・
このような負い目になるような事を共有するにはある程度の信頼関係が必要になると感じる。

となると・・・・かもしれない。
だが、今回産地を偽装したゴボウを食べるのは、まだまだ幼い子供だという事は事実である。
その事に対してなにも思わなかったのだろうか?
自分たちは食べなからいいという思いなのからなのか・・・

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事