【宮城県大崎市松山須摩屋】ため池に子供(姉弟)が転落し男児が死亡

2017年7月27日午前9時頃、宮城県大崎市松山須摩屋のため池に子供(姉弟)が転落したと報じられたようです。
駆けつけた救急隊員によって二人共救助されましたが、残念な事に弟の男児は搬送先に病院で死亡が確認されたようです。

おそらく夏休みの最中で二人で遊んでいたと思われますが、なんともショッキングな事件ですね。

そこで今回は、宮城県大崎市松山須摩屋で子供(姉弟)が転落したため池について迫りたいと思います。

【宮城県大崎市松山須摩屋】ため池に子供(姉弟)が転落し男児の死亡が確認される・・

まず今回報道された内容が以下となります。

27日午前9時5分ごろ、大崎市松山須摩屋のため池で、「子どもが落ちたかもしれない」と親類から119番があった。宮城県警古川署などによると、同県美里町の小学生の姉弟2人が転落し、近くの住民や駆け付けた救急隊員に救助された。姉弟は市内の病院に搬送されたが、弟は死亡が確認された。姉は命に別条はない。

引用元 : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000025-khks-soci

今のところ姉の命に別状はないと報道されていますが、弟の男の子は死亡が確認されています。
また、身元などは現状では報道されていないようですが、宮城県美里町の小学生のようです。

夏休みで二人で遊んでいたと思うのですが、やはり子供だけで遊ばせるのには危険がある場合もありますね。
報道によれば、ため池は農業用水用で周囲をフェンスで囲われていたようです。
今のところこのフェンスを姉弟が乗り越えて中に入ったのではないか?と言われているようですが、やはり子を持つ親としては、何度でも危ない場所には行かせないようにするべきなのかもしれません。

【宮城県大崎市松山須摩屋】子供(姉弟)が転落したため池の場所は!?

今のところ詳しいため池の場所は公表はされていないようです。
以下が宮城県大崎市松山須摩屋の地図となります。

地図を見る限りでは、ため池らしい全部で4ヶ所ほどあるようです。

子供なのでそのような場所がどのように危ないのか理解出来ない場合もありますし、好奇心でフェンスなどを乗り越えてしまう場合もあるでしょう。
また、これからは特に夏休みとなりますので子供だけの事件が増えると思います。

四六時中子供に付きっきりにはなれないと思いますが、危ない場所に行かないことを言い聞かせるのと、もしもどこかに行くのであれば、誰かに連絡をすることを徹底した方がいいのかもしれません。
よく僕も昔は外に遊びに行きなさいと言われていましたが、外に出ればそれだけ子供にとっては危険があることを大人の方も理解した方がいいかもしれません。

大切な人や自分を守るためにも対策や万が一に備える必要があるのかもしれません。

▼【2016年度の犯罪認知件数99万件/検挙率33%】万が一に備え月々0円のホームセキュリティ導入も必要です!▼
【スマートフォンで管理できる監視カメラ】

▼【2016年度の犯罪認知件数99万件/検挙率33%】事件や事故に巻き込まれ仕事が出来ない身体になってからでは遅い!保険に入るまたはプロの保険料見直しが大事です!▼
【保険料が半額になった保険見直し】

シェアお願いします(/・ω・)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事