諸井清二(漂流おじさん)の現在や家族である嫁(妻)とは!?

3月23日に放送される【衝撃のあの人に会ってみた】に太平洋で92日間漂流生活を送り奇跡的に生還した【漂流おじさん】こと諸井清二が出演されるようだ。
この奇跡的な生還は、【九十二日目の天国-酒呑童子号の太平洋漂流日誌】という本も出されている。

そして今回、諸井清二は衝撃のあの人に出演し当時のエピソードを語られるようだ。

おそらく殆どの方は、この92日間の漂流されていた事を知らないのではないかと思う。
まぁ、今から約23年前の出来事だからね。

そこで今回は、諸井清二(漂流おじさん)の現在や家族である嫁(妻)についてお伝えしたいと思う。

Sponsored Links

太平洋で92日間漂流し奇跡的に生還した諸井清二の現在とは!?

まずは簡単に彼が太平洋で遭難した時の事を伝えたいと思う。

1994年に諸井清二は【ヨットレース】に参加するため自身のヨットである【酒呑童子(しゅてんどうじ)】号で単身ロサンゼルスへ向けて航海したようだ。
さらにこの時は農業関係の仕事をしていたようであるが、辞めて海に出たようだ。

僕だったら絶対そのような事はしないようだろうな・・・
仕事で船に関わる事をしていたら別であるが、おそらく趣味程度でヨットレースに挑んだと思うが、本当に勇気がある方だと思う。

結果諸井清二は、大シケで転覆しマストが折れ太平洋で92日間の漂流生活が始まったようだ。
その時に彼は、何かを残しておかねばと考え航海日誌を書き始めたようだ。
それがこちら。

3月8日 航行不能となる。

3月13日 東から西へ船が一隻。煙突が黄色い貨物船。合図をしたが反応なし。

4月27日「何もかも残り少なく不安かな」「助けてと合図をすれどノーアンサー」

4月30日「助け船まだ来ぬ先から乗る準備」「いま天気どこまで続くわが命」

5月2日 雨。「叫べどもこたえてくれないアホウドリ」貨物船、また行ってしまった。10隻目。

5月3日 霧。食料は6月中は何とかなりそう。霧晴れるが、曇り空。「漂流も2ヵ月たつと歌も出ず」

5月15日 69日目。晴れ。どこまでも希望を捨てずに。最後にチャンスが来るかもしれない。

6月2日 87日目。雨。八方ふさがり。どうすればよいか分からない。もうこれ以上進めない。人間は過去を振り返ることはできても、過去に戻ることはできない。さすがに20日間、一隻の船もいないと、あせりが出てくる。 天候もいっこうに回復しそうにないし。このまま助からないように思えてくる。

6月4日  行方不明のまま、帰れないかもしれないと思いだした。頑張れ清二。

6月7日  92日目。晴れ。
青い空。白い雲。光り輝く水平線の中から、一隻の船が。
迷い子になったわが子を見つけた母親のように
汽笛を鳴らしながら、一直線にこちらへやってきた。
そして、静かに私の横に止まった。

おそらく92日目に助けた船には感謝しきれないほどの思いと嬉しさがあったに違いない。

また、諸井清二の嫁は、彼の遭難中に1ヶ月後の6月7日に韓国の釜山港に帰るという夢を見たと言われており、それが正夢にもなったようだ。
この話がドキュメンタリーになったことも有名であろう。

ちなみにこの漂流した時の事を本として出版されているようだが、その内容は漂流を楽しんでいるともされている。
以下の文は本に記載されているものだ。

少ない水だからこそ、水の大切さが身にしみる。残り少ないプロパンガスだから一分間たりとも無駄にはできない。…。こんなことを教えてくれる、漂流万歳!

いやいや漂流万歳ではないだろ・・・
九死に一生を得る体験をしているにも関わらず楽観的な人だなという印象だ。

そんな、漂流おじさんこと諸井清二の現在であるが、色々と調べたのだが2017年どこでなにをしているのかはわかっていない。
2006年頃までなら、沖縄で夫婦揃って移住しコーヒー栽培をしていたようだ。

諸井清二は、漂流後命綱のハーネスの欠陥が漂流の原因として製造会社と販売会社に対して損害賠償を求め、800万円の和解金を受け取っている。
おそらくそれを元手にコーヒ栽培を始めたようであるが、今現在(2017年)も続いているかは不明のようだ。

ちなみに彼らのコーヒー栽培を知る人は諸井清二をとても頑固な人と話しているようだ。

諸井清二の嫁とは!?

彼が遭難している間、92日間ただひたすら心配して待っていた嫁の気持ちも毎日が不安との戦いであったに違いない。
夫が漂流している時に、夢を見たのが正夢になったエピソードはちょっと驚きであるが・・・

そんな嫁の情報であるが、名前を千恵子さんという女性のようだ。
顔画像などに関しては流石になかった。

2006年の頃は、嫁である千恵子さんと一緒にコーヒー栽培に取り組んでいたようであるが、もしかすると今もなお栽培をされている可能性は高いかもしれない。
漂流おじさんこと諸井清二の92日間の奇跡の物語は心の底からすごいと感じさせられる。

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事