【野崎徳洲会病院】心臓血管外科部長A医師の名前や顔画像は!?

【野崎徳洲会病院】が話題になっている。
理由は、心臓手術を受けた患者74人が死亡しているからである。

割合に変えると死亡率は【18%】を越えていると言われる。
10人手術をすれば、2人は失敗する割合である。

当時、野崎徳洲会病院で心臓血管外科部長を務めていたA医師は現在違う病院に勤務しているようであるが、そこでの紹介文では【手術成功率は100%】と記載がある。
これは一体どのような事なのだろうか・・・

そこで今回は、野崎徳洲会病院で以前心臓血管外科部長を務めていたA医師について迫りたいと思う。

スポンサーリンク

【野崎徳洲会病院】2013年2014年・心臓手術を受けた患者74人が死亡・・・

まず今回起きている事が以下となる。

野崎徳洲会病院で2013年と14年に心臓手術を受けたのは392例ありその内の74例が死亡している事が分かった。
死亡率18.9%である。

この数値は極めて高いと言われており、日本での心臓手術を受けた方の平均死亡率は一桁台である。
だが、野崎徳洲会病院の場合は【18%】を超える数値。

一体これはどうなっているのだろうか・・・
また、報告書には、カルテ・サマリーの書き方が雑でどのような治療をしたのか分からない症例もあったと言われている。

野崎徳洲会病院は、高い死亡率に対して以下のように語っている。

当院は救急病院であり、危険性の高い緊急手術を多く担っている現状がある。

当院では問題があるとは考えておりません。

だが、実際に死亡率が通常よりも高い事は事実である。
その為6月15日大阪府が病院の体制などをチェックするために調査に入っている。

また、当時野崎徳洲会病院で心臓血管外科部長を務めていたA医師という存在がいるのだが、現在は別の病院に勤務しておりそこのHPの紹介ページでは【手術成功率は100%】・・・

野崎徳洲会病院では、そのような事はなく逆に死亡率を上げていたようであるが、一体なぜこのような紹介ページになってしまったのだろうか・・・

ネット上の反応

この世に絶対なんて無いって、裸で御盆持った人がテレビで言っていました。
医師が病気のことは何でも知ってる、何でも治せる、と考えるのは医師を買いかぶり過ぎてる

わからないことはいっぱいあるのに

医者も金稼ぎに必死だから。海外旅行が趣味の医師はなおさら。
手術自体が成功しても死ぬ場合はあるから
嘘とは言い切れないよ
一流の医師なら100%なんて言い切らない。完璧な人間なんていないことも、人知の及ぶ限界もよく理解しているから。
どこの大門先生だよ
私、成功しないので・・・
昨年、父親が救急病院で冠動脈の手術を受けたけど、医師が死亡するリスクに関してもちゃんと事前に提示していたよ
曰く、
「100%成功するとは言えません。感染症などの恐れがあるので、統計上0.1%は手術が成功しても亡くなる恐れがあります」
ってね

【野崎徳洲会病院】以前心臓血管外科部長を務めていたA医師の名前や顔画像は?

そんなA医師の名前や顔画像の情報であるが今のところ公表はされていない。
こちらに関しては分かり次第追記したいと思う。

現在、野崎徳洲会病院の心臓血管外科のページは更新中になっている。
そして現在勤務している病院の紹介ページでは「手術成功率は100%」との記載も・・

ただ、彼を直接取材をすると周りに僕の評判を聞いてみて下さいといった言葉が発せられる。
さらに当時彼が野崎徳洲会病院に在籍してた時に74人の死亡例があると確認されている事も否定をし、数字が間違っていると話している。

また、手術成功率は100%と表記している件については、手術というのは失敗することはない。とも話している。

現在このA医師が勤務している病院は【手術成功率は100%】という記載を消去している。

また、何か分かり次第追記したいと思う。

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメント

  • 日本人 より:

    100%成功なんかあり得ない。そういう医者に限り、下手が多い。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事