【リバース】ドラマ・最終回ネタバレの結末は!?犯人は複数人!?

4月から始まる新ドラマ【リバース】ある秘密を持った4人の元に告発文が届き、10年前に起きた事件と主人公である【深瀬和久(藤原竜也)】が向き合うことになり、その真相や告発分を送った犯人を探す事になる。
最終回では、その犯人など様々な事実が明かされることになるはずだ。

今回、主人公として出演する藤原竜也であるが、恋人役には【戸田恵梨香】となっており、僕的にはデスノートを思い浮かべてしまうがまた全然違った話ではある。
原作も存在しており、そこにはちょっと犯人はその人物なのか・・・と思ってしまう。

そこで今回は、【リバース】ドラマの最終回ネタバレの結末について追求していきたいと思う。

スポンサーリンク

ドラマ【リバース】最終回ネタバレ前の大まかな話の流れ

※以下からネタバレとなるので注意

今回放送される【リバース】には原作が存在しており、映像化に関してはおそらくオリジナルストーリー・人物が描かれることは間違いないと思う。
だが、核となるストーリーや結末に関しては小説の通りとなると思っている。

そこで多少ドラマとは設定が違うと思うが、リバースの原作の最終回ネタバレまでの大まかな話の流れが以下となる。

まず重要人物が以下の6人となる。

  • 深瀬和久(藤原竜也)
  • 広沢由樹(小池徹平)
  • 越智美穂子(戸田恵梨香)
  • 浅見康介(玉森裕太)
  • 谷原康生(市原隼人)
  • 村井隆明(三浦貴大)

そして原作のリバースでは6章の物語となっており、おそらくドラマ【リバース】最終回は5章と終章となる可能性がとても高い。
理由としては、その章で告発文の犯人と親友である広沢由樹(小池徹平)を殺した本当の真犯人が判明するからだ。

それでは最終回ネタバレまでの話をしよう。

明教大学経済学部経済学科を卒業していたにも関わらず、深瀬和久(藤原竜也)は事務用品の営業マンとして務めていた。
昔から特に特技は無かったが、コーヒーだけは好きで会社近くのクローバーコーヒーの常連。
そこで、マスター夫婦の計らいで恋人である越智美穂子(戸田恵梨香)とも出会う。

また、友人関係に関してもクラスでは暗い方で会ったためそれほどおらず、挙げるのであれば大学時代ゼミが一緒だった3人、そして10年前に亡くなった広沢由樹(小池徹平)は人生初の親友である思っている。
特に、広沢由樹(小池徹平)が提案したコーヒーに蜂蜜を入れるという事は彼の思い出に大きく残っている。

そんな中、恋人の越智美穂子の元にある告発分が届く。
それは【深瀬和久は人殺しだ】告発文。
この事で彼は、10年前に起きた事件の真相を恋人に話すことに。

3年前、深瀬和久(藤原竜也)・広沢由樹(小池徹平)・浅見康介(玉森裕太)・谷原康生(市原隼人)・村井隆明(三浦貴大)の5人は大学最後の思い出として旅行計画を立て、スキー場に向かうことになる。
だが、村井隆明は来れないことに、そこで4人だけで向かうこと。
運転は免許を持っている、広沢由樹と浅見康介がすることに。

無事に宿泊先についた4人は深瀬和久意外はお酒を飲む。
すると村井から電話があり、今駅についたから迎えに来て欲しいという連絡。
だが、免許を持っている人間は酒を飲んでいるから無理だと言ったが駄々をこね迎えに来い。と電話を切る。
4人は困り、同じく酒を飲んでいて免許を持っている広沢由樹に迎えに言ってくれない?と頼む。

少し考え、「俺、行くわ」と立ち上がり迎えに行くことに。
何も出来ない深瀬和久は、彼の為にコーヒーを淹れる事にした。
そこには、途中で購入した蜂蜜を入れたコーヒーをサーモカップに入れて渡す。

あまりにも遅いことから、心配になった浅見と谷原は様子を見に行くことに、深瀬は留守番を任される。
そして浅見から電話があり、谷底で車が炎上している。と・・・
次の日にその車に乗っていたのは、広沢由樹であった。

そして、その話を聞いた恋人の越智美穂子からは、「友達がお酒を飲んだことも、天気が悪いことも、走りにくい道だったことも、全部分かった上で送り出した、ってことだよね。それは無罪とは言わないと思う」と言われ彼女は去っていく。

事故後の、警察の取り調べで4人は広沢由樹が酒を飲んだとは一言も喋っていない。
そしてこの事は4人だけの秘密にし墓まで持っていくと誓う。

恋人に全部話したにも関わらず、越智美穂子の反応にとても困惑していた深瀬和久であるが、当時一緒であった他の3人も同様の【告発文】が届いている事を知る。
そして、村井隆明に関しては、深瀬に当時その事故を一番先に見つけたのは、谷原と浅見である事から、本当に二人が駆けつけた時に車は谷底に落ちていたのだろうか?と二人が犯人だと疑っている様子。

そして谷原に関しては、誰かに線路の突き落とされるという事故に合ってしまう。
事の重大さを考えた4人は、告発文を送った犯人を探そうとする。
その中で、深瀬和久が、自分に犯人を探させて欲しい頼む。
他の3人は了承することに。

すると彼は、まず広沢由樹という人物を知ることに彼の地元を訪れ、父親・母親・幼馴染・中学の同級生・高校の同級生・部活が同じだった人物から彼の情報聞き、それをノートに記した。

母親からは少し前に広沢の高校時代の友達という【古川】という人物から大学のゼミの友人の住所・連絡先を教えて欲しいという連絡が入っていた。

また、友人から借りた【卒業アルバム】の中には深瀬もよく知る人物がいた・・・・・そして最終回へ

上記のような流れになるのだが、おそらくドラマ【リバース】のオリジナルストーリーや人物もいるので、上記と全く同じ内容とは行かないが、話の核部分はぶれないと思う。
やはり気になるのは、告発文を出した犯人であり、そして深瀬の親友である広沢は本当に事故死だったのか?という所。

特にドラマでも描かれてると思うが、みんなが疑心暗鬼になっていく所などは一つの見所ではないかと思う。

それでは、ドラマ【リバース】最終回のネタバレが以下となる。

ドラマ【リバース】最終回の結末・ネタバレ!犯人は複数人!?

広沢の地元で借りた【卒業アルバム】にとんでもない人物を発見する。
それは、深瀬もよく知る人物。
だが、その人物が告発文を本当に送り、谷原を線路に突き落としたのだろうか?とも考えてしまう。
やはり共犯者である人物がいたのかもしれない・・・

そこでまず、広沢の同級生であり少し前に大学のゼミの友人の連絡先を聞いた【古川】に会うことに決め電話を掛けることにした。
古川は了承し、自分も話したいと思っていた告げる。

古川は広沢と上京した時・大学時代の頃の話をし始める。
そこには、広沢が高校時代に好きだった女性がいて、その女性と偶然立ち寄ったパン屋で働いていた事を広沢に告げると直ぐに彼は電話番号などを記した紙を彼女に渡し交際することになったことや、広沢と疎遠になった話をした。
そして、なぜ広沢の親に大学のゼミの友人の住所など連絡先を聞いたかというと、疎遠になった後の彼の情報が知りたかっただけと答える。

また、深瀬は卒業アルバムを持っておりその女性が、誰なのか分かっている。
だが、あえて古川には言わない。

そして、深瀬は古川にだから僕達にあの手紙を送った?と聞くと何の事か分かっていないようす。
続けて、やっぱり広沢の彼女の木田瑞希さん(ドラマでは国語教師の森下泉)かな?と言い放つと、古川は何を言っているの?と言わんばかりの顔で見つめる・・・

深瀬は木田瑞希に会うために、高校に向かう。
彼は卒業アルバムを古川と会う前に見ていると、ある人物を発見してしまう。
それは、浅見が勤務する学校に勤める木田瑞希である。
ただ、古川は広沢の彼女が木田であることは、否定し【5組の河部】と言い放ち去っていた。
その人物を確認すると、ますます混乱してしまう。
深瀬は、その彼女と木田瑞希が何かしらの接点があったのではないか?と思い彼女に話を聞きに来たのだ。

だが、木田瑞希とその女性の接点は高校以降接点がなく空振りに終わる。
そして今度は、谷原が所属していた野球チームに話を聞きに行く。
その内容は、彼が線路に突き落とされた日が野球の日であり、その帰りだったからだ。

するとそこで、あるマネージャーの女の子と一緒に帰ったと聞く。
本当は、車で送ろうとしたがお酒を飲んだためその女の子が電車で一緒に帰ろうと説得したと言われている。
そのマネージャーの女の子について聞くと、今年の春頃から見かけるようになって、誰も連絡先をしらないという。
深瀬はそのマネージャーの子が、谷原を線路に突き落とし、4人に告発文を送った犯人であると確信し、卒業アルバムを見せこの中にそのマネージャーの子がいる?と聞く。

すると、じっくりと見ながら「いる」

深瀬はいつもの【クローバーコーヒー】のいつもの場所に座っていた。
そして、越智美穂子にメールを事前に送っていた。

【俺はただ、広沢由樹がどんな人間だったのか知りたいだけです。】

するとそこに、彼女は現れた。
そして美穂子は広沢の彼女だった頃や両親が離婚して苗字が変わったことやどうして告発文を送ったのかを話し始めた。

するとそこには、ただ単に自分が知らない所ではどのような人物だったのか知りたかっただけだった。
また、その中で深瀬意外の3人とも事前に会っていた事も明かす。
告発文を送った理由は、4人が何も無かったように振る舞っているのどうしても許せず、思い出させてやろうと思い送ったと告げる。
そして、谷原を線路に突き落とした理由は、ホームで電車を待っている時に、広沢の事をバカにした為、突き落としたと話す。

そして、深瀬和久は10年前に起きた真実を広沢の親に話すと決め、二人は元の関係へと修復していくことに・・・

深瀬と美穂子はいつものクローバーコーヒーで、広沢由樹の話をしていた。
すると、そこで彼女は、広沢が蕎麦アレルギーだと話し始める。
深瀬もその事は初耳だったようだ。

するとそこにマスターが現れ、以前深瀬が行ったコーヒーに蜂蜜を入れるという物が気に入ったらしく色々な蜂蜜を取り寄せいていた。
その中に【濃い褐色の蜂蜜】があった。

マスターの奥さんは、深瀬にこの蜂蜜は何の蜂蜜がわかる?と聞くと、「・・・りんご?」
「ハズレ、正解は・・・蕎麦の蜂蜜です」
蕎麦・蕎麦・蕎麦…..そして濃い褐色とした蜂蜜を見て深瀬はあの夜の出来事を思い出す。

それは、10年前のあの夜、広沢由樹が車で迎えに行く前に、深瀬が彼の為にコーヒーを作る時、甘いものが好きな広沢の為に昼間に道の駅で買った【濃い褐色の蜂蜜】をたっぷり入れて渡す風景が・・・・

深瀬和久は、広沢由樹を殺したの自分だったんだ・・・と気づく。 

上記が原作の【リバース】最終回のネタバレとなる。
おそらくちょいちょいドラマ版とは違うと思うが結末は、告発文の犯人は、美穂子であり、そして真犯人である広沢を殺したのは深瀬という事実は変わらないと思っている。

恋人である美穂子との関係が修復してハッピーエンドで終わるかと思えば、最終回でまさかのどんでん返しで、犯人を探していた自分自身が本当の真犯人であったと気づくなんて・・
直接的に広沢を殺してはいない、元々は蕎麦アレルギーだったことも知らなかった深瀬なので、彼に落ち度は無かったのかもしれないが、彼がこの事実を広沢の元恋人であり、今の自身の恋人である菜穂子に打ち明けることができるのだろうか?そして今まで4人で共有してきた秘密は無くなり、今度は一人でこの重要な秘密と一生向き合っていかなければいかなくなる・・・

おそらくドラマ【リバース】の最終回を見た方はなんとも嫌な終わり方なんだ・・・と思う方もいるのではないかと思う。
僕もそのうちの一人だ…

ちなみにドラマのタイトル【リバース】を英語にすると【Rivers】【Rebirth】がある。
これは【反転】と【思い出す
公式サイトの画像には、【birth : Re : berse】と記載がある。
おそらく感の良い方なら、最終回またはネタバレを見てリバースの意味が分かったと思う…

スポンサーリンク

時間があるならシェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です