【櫻子さんの足下には】ドラマ最終回ネタバレの結末は?批判の声も?

観月ありさが30回目のドラマ主演となる【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】が4月からドラマとして放送開始となるようだ。
この作品は、原作がとても人気がある作品で、今ではコミック・アニメ化されている。

その為か多少設定などで批判もちらほらあるようだ。
まぁ、このあたりはしょうがないかなと感じる。
自分が好きな小説やアニメが仮に実写化されて設定などが違ってくると世界観が崩れそうで嫌な気持ちもある。
ちなみに僕は、東京グールの実写化は反対の人….

そこで今回は、【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】ドラマの最終回ネタバレの結末について追求していきたいと思う。

Sponsored Links

【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】最終回までのあらすじ!批判の声も…

まず今回放送されるドラマ【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】の大まかなあらすじを説明したいと思う。

三度の飯より【骨】が好きな標本士である、九条櫻子が豊富な知識と優れた観察力・洞察力で事件を解決していくミステリードラマとなる。
その中で、【自然の森博物館】で働く正太郎と出会い、事件と遭遇していく。

そんな九条櫻子は外見は美人であるが、口調はとてもきつい女性。
時に空気を読めない発言もしばしばで周りをドン引きさせる。
そんな彼女は、高校時代に恩師から標本を学び、大学は法医学を学んでいる。
だが、一番大好きな【骨】を扱う職についている。
それは、事件の奥底に潜む全てを理解し明らかにするための最も重要な物は【骨】と思っているから。

骨は時に証拠、ときに動機やキッカケ、そして誰かの感情や思いだったりするもの….

今回放送されるドラマ【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】の1話では、博物館の技術補佐員の正太郎と初対面となり、博物館から組み立てを依頼されていた骨を持ってくる。
そして九条櫻子は、この骨の発見場所を正太郎に問いただし、案内をしろ発言。

そして、骨を発見した場所に到着すると九条櫻子は、人間の白骨を発見し事件へ…
警察には、死亡推定時期・年齢・利き手まで言い始めるのであるが、ただ歯が気になると告げる。

初回のドラマ【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】では、上記のようなあらすじとなってしまうのであるが、おそらく原作やアニメを見れている方は、この時点で設定が違っていると分かると思う。
このあたりで結構批判を言われている方が多いようだ。
まぁ、原作が好きな人からしたら、嫌だろうなと思ってしまう。

ちなみに原作では、正太郎は高校生の設定だが、ドラマでは随分成長した設定となっている。
また、九条櫻子に関しても観月ありさとの年齢差がありすぎる。
なにより、九条櫻子と正太郎の出会いが違いすぎる点が気に食わない方も多いと思うな。

これは、アニメ版の最終話で描かれたのであるが、ドラマでは二人の出会いがあっさりしすぎている気がする。
ドラマ版の新しい櫻子さんの足下には死体が埋まっていると思って新しい気持ちで見たほうが良いかもしれない。

ドラマ【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】最終回結末・ネタバレ

今回放送されるドラマ【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】では原作が存在しているのであるが、今の所完結はされていない。
アニメ版では12話で今の所完結。
だが、ネット上では次期があるとも予想されている。

実際に僕もアニメを見てみたが、2期が放送される可能性はとても高いと感じる。

そこでまず、アニメ版の櫻子さんの足下には死体が埋まっているの最終回が以下のようになる。

正太郎はいきなり九条櫻子から別れを告げられる。
すると彼は彼女との最初の出会いを振り返る。

九条櫻子との出会いはとても最悪だった。
彼女を犯人と思い違い、そして一緒に捜査をさせられたり…だがその中で日常から外れたり、彼女の魅力に惹かれる。

そして現在、正太郎は九条櫻子の元へ向かう。
彼女は自分の近くにいると、正太郎が危険な目に合うと思い遠ざけた。
その中でも【花房(はなふさ)】に狙われる事がとても心配しているが、その時は九条櫻子さんが助けてくれると信じている正太郎。

そして花房(はなふさ)に立ち向かえる人は九条櫻子しかいないとも断言する。
だから正太郎は、今まで通り側にいさせて欲しいと伝える。

すると、九条櫻子は正太郎を守る誓う。

二人はばあやが作ったアップルパイを食べるために家に向かう。

上記がアニメ【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】の最終回となるのであるが、結局【花房(はなふさ)】との対決や正体については分からずじまいとなっている。
ちなみに原作である小説でいうと、アニメはだいたい6巻の【土を掘る女性】あたりである。
現在小説は11巻まで出版されているが、未だに【花房(はなふさ)】との直接対決はないようだ。

この事から、ドラマ【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】では花房(はなふさ)は登場すると思われる。
ただ、最終回に関してはアニメとは違った事になりうる可能性がとても高い。
それは、ドラマとアニメでは正太郎と九条櫻子の出会いが全く違い、設定も違うからだ。

その為、おそらく花房(はなふさ)の正体を隠しながら、彼との直接対決になる。または、アニメの正太郎の前からいなくなるということだけ同じにし後を変更すると言った内容あたりがドラマの最終回になのではないかと思う。

正直正太郎の設定・出会い・他の出演者の設定もオリジナル要素となっているようなので、花房(はなふさ)が出るのかさえもわからないが、でないと正直批判の声もあるだろうな…..
そのあたりに関しては、何か分かり次第追記したいと思う。

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事