佐藤統彦警部補の個人的なトラブルとは!?【JR東海道線衝突事故】

3月2日に起きた【JR東海道線の衝突事故】の車の男性の身元が判明したようだ。
警察によれば、愛知県警本部の保安課に勤務する佐藤統彦警部補だと発表している。

この脱線事故では、約半日以上は遅れが生じたとされている。
一体なぜこの男性は今回のような行動に出てしまったのだろうか…
彼は今年1月には何やら、監察官室から個人的なトラブルで処分を受けていたとも報道されている。

そこで今回は、佐藤統彦警部補の個人的なトラブルについて追求してきたいと思う。

Sponsored Links

一体何が佐藤統彦警部補を突き動かした!?個人的なトラブルとは!?

まず今回報道された内容がこちら

愛知県安城市のJR東海道線の踏み切りで2日、車を運転していたのは愛知県警の40代の男性警部補だったことがわかりました。

警察のその後の調べでこの車を運転していたのは、愛知県警本部の保安課に勤務する佐藤統彦警部補(43)だったことが新たにわかりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00002043-cbcv-soci

当初は身元が確認取れなかったようであるが、警部補が行方がわからなくなっていることから、調べると彼だったと公表されている。
この脱線事故では、運行再開までに半日以上を要し、さらに計8万7800人に影響が出た脱線事故となった。

一体なぜ佐藤統彦警部補は、このような行動に出てしまったのだろうか?
行動する前に大人数の方に迷惑がかかると分かっていたとも思うが、このような結果でしか解決できなかったのだろうか?
もっと他にあったのでは?とも思ってしまうが、佐藤統彦警部補が考えた末の結果なのだろうと感じる。

そこで一月になる点がある。
それは、彼が2017年1月に【個人的な問題】で県警から処分を受けているようなのだ。
もしかすると、これが今回のキッカケなのでは?とも思ってしまう。
1月に処分で3月2日だ。
ある程度の考える時間が十分にあった。

他に彼の情報はなく現在警察が発表しているのは、上記の情報と名前のみ。

ネット上では以下のような意見があるようだ。

嘘事件。嘘がばれるんで身うちにする最近のパターン。
特秘法。捜査費用等の上納目的の悪法。

取り締まる側の警部補が何をしてるの…
この事件の別の記事が消されてたけどなんかあったのかな?

記事が削除されてるけど何があった?

『個人的な問題で県警から処分』
とは?

これだけ世間の生活を乱して生活安全部って・・・
しかも、個人的な問題で処分は何?

なにやら、Yahooのニュースでは一つ記事が帰されている現象が起きていたようだ。
僕の方では確認できなかったがどのような内容だったのだろうか?
だがやはり個人的なトラブルとは一体何なのだろうか?

佐藤統彦警部補が起こした、個人的なトラブルとは一体何!?

そんな彼が1月に処分された原因となった個人的なトラブルであるが、今の所公表はされていない。
今後公表される可能性としては、とても低いのではないかと感じる。
もしもなにかわかったら、至急追記したいと思う。

また、彼の情報がこちら

  • 名前 :?佐藤統彦 (さとうのりひこ)
  • 年齢 : 43歳
  • 職業 : 愛知県警?保安課
  • 住所 : 不明

現状の報道では、県警の監察官室から処分を受けていると報じている。

追記

朝日新聞は私生活をめぐってトラブルがあったとも報じているようだ。

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメント

  • 通りがかりの者 より:

    こんにちは。メディア関係の者です。土曜日にこの事故の追加記事が一部削除されていたのは、私も確認しています。削除されたのは時事通信社の記事だったと思いますが、これは事件事故について、更に詳細な内容が直ちに判明したため、あるいは先に配信した内容に一部誤りがあったため、先の配信内容を削除して配信し直したものです。今回の削除が、そのどちらなのかは、元記事が削除されてしまったので確認しようがありませんけどね。マスコミではよくあることです。参考までに。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事