【JR渋谷駅東口】工事現場で鉄骨が落下!?現場画像や原因は?

東京・渋谷駅東口の工事現場で鉄骨が倒れていると報じられたようだ。
また、倒れている鉄骨付近では、鉄板などが歩道に落ちたとも情報がある。

人通りも多い周辺なので、とても危険だと感じる。
今のところ怪我人などの情報は入っていない。

そこで今回は、【JR渋谷駅東口】工事現場で鉄骨が落下した現場画像や原因について迫りたいと思う。

Sponsored Links

【JR渋谷駅東口】再開発事業の工事現場で鉄骨が落下!?

まず今回報道された内容が以下となる。

18日午後4時45分ごろ、JR渋谷駅(東京都渋谷区)の再開発事業の工事現場で鉄骨が倒れた。警視庁渋谷署によると、けが人は確認されていないという。

同署によると、再開発事業の工事で、足場に使っていた大型の鉄骨1本が落下した。鉄骨は工事現場と歩道を区切るフェンスの上に倒れかかって止まった。フェンスは歩道側に曲がり、鉄骨は歩道に突き出た状態という。事故当時は足場の解体作業中だったといい、同署は詳しい事故原因を調べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000524-san-soci

報道によれば、現場は渋谷駅の東口の工事現場。
また、鉄骨は工事現場と歩道を区切るフェンスの上に倒れ掛かる形で止まったと報じられている。

もしも勢いがよかったら歩道に落下していたのは間違いないだろう。

鉄骨の事故当時は、足場の解体作業中だったようで、歩道を歩いていたのは3人と言われており、現場近くにいた男性は以下のように話している。

「ドカンという大きな音がして鉄骨が倒れているのを見た。事故の直前、金属を切断するような音が聞こえていました」

何よりは、誰一人もけが人がいなかったのが不幸中の幸いである。

ネット上の反応

けが人がなくて何よりです。運が悪かったら大惨事になっていたかも。
マジ都心部で鉄骨落下はホンマにあかんで

どないなってんの?企業

区切りのフェンスが
きちんと機能発揮したというわけですね。
何が起こるかわからない
世の中!危険だらけなのは
まちがいなさそうですね
そんなに慌てなくて良いから安全第一でお願い致します
勤務地ですけど、
改札出口や出口周辺が
一時期毎週のようにレイアウト変更されるから
テンパる時がある。
渋谷って、しょっちゅう変わっているな。昔の面影が全然ない。昔は渋かった。
あれほどの人混みの中で行われている、渋谷駅での100年に一度といわれる大規模開発。
こういうアクシデントは起こって当然かも。

【JR渋谷駅東口】鉄骨が倒れた現場画像や原因は!?

まず現場画像が以下になる。

画像をみても分かる通り、フェンスに支えられている鉄骨が分かる。
もしもこのフェンスが無かったらそのまま歩道に鉄骨が落下してことだろう。

うまくこのフェンスに救われたという感じでもあるな。

また、今のところ【JR渋谷駅東口】の工事現場で鉄骨が倒れた原因については分かっていない。
ただ、事故当時は足場の解体作業が行われていたので、何かしら関係性があるのかもしれない。

こちらに関しては、分かり次第追記したいと思う。

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事