【滋賀】アレフの事務所が火事・火災!?原因や画像などはある?

滋賀県湖南市にある宗教団体【アレフ】の事務所が火事・火災にあったと報道されたようだ。
現在火は消火されているようであるが、平屋建て100平方メートルとプレハブ小屋30平方メートルが全焼したとされている。

また、この施設はネット販売を行っていたようで、主にDVD・CD・輸入雑貨をとりあつかっていたようだ。

そこで今回は、アレフの事務所が火事・火災になった原因についてお伝えしたいと思う。

滋賀県にある【アレフ】の事務所が火事・火災!?原因や自然なものなの?

まず今回報道された内容がこちらである。

15日午前5時45分ごろ、湖南市平松のオウム真理教(現アレフ)関連施設「VBシステム」から出火、木造平屋建て約100平方メートルとプレハブ小屋約30平方メートルが全焼した。けが人はなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000008-kyt-l25

出火元はVBシステムと言う所らしい。
上記は信者達が経営しているソフト開発会社とされている。

この火事によって事務所とプレハブ小屋が全焼しているようであるが、保険には入っているのだろうか・・・

このアレフの施設には幹部らも出入りしていたとされている。
現状では怪我人は出ていないようなので、不幸中の幸いだろう。

ネット上では以下のような意見があるようだ。

近所にオウム関連施設があるって嫌だな。

何らかの隠蔽じゃないのか?

念のために
火災保険詐欺の線でも調べた方が良いと思います。

アレフがまだ活動してんだよな。
宗教関連で最近変なニュース沢山出てくるよな。

またプレハブを建てて居座るんだろうな。
近所迷惑も甚だしい。

また、一つ気になる点は以前から住民らが立ち退きを求める抗議集会を30回以上行っていた事だ。
この行動が何を意味するのか・・・

今回アレフの事務所が火事にあった原因については未だ判明しておらず、今調査をしている段階である。
また、何か分かり次第追記したいと思う。

シェアお願いします(/・ω・)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事