スーパー台風とは!?日本にもスーパー台風が来るのか?

今年は何気に日本では20個以上の台風が発生しております。

そんな中、これ以上地球温暖化が進むと日本にあの【スーパー台風】が襲う危険性あると指摘する声もあるようなのです。

スーパー台風といえば、2013年にフィリピンを襲った台風30号ですよね。
台風慣れをしていた住民でも、外に出た瞬間【恐怖】や【津波】という気持ちになったようです。
ちなみに、その当時の負傷者は7000人を超えた大惨事だったようです。

そこで今回は、そんなスーパー台風や日本に上陸するのか?についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

圧倒的な破壊力を持つスーパー台風とは

ぱっと【スーパー台風】と言われても正直、凄い台風なんだなというぐらいの印象なのではないでしょうか?

僕自身も、そのようなイメージで通常の台風よりも凄いんだろうなー程度ですwww

なので少しスーパー台風について調べてみました。

元々、スーパー台風の定義というものは【地表付近の風速が1分平均で67メートル超の台風】を指すようです。

日本では、10分平均なので換算すると【風速が59メートル超】の台風のようです。

また、スーパー台風を宇宙から見た写真がこちら

1

いやー自然って凄いですよね。
この台風を見たら人間なんてちっぽけな存在なのか分かりますね。www

そんなスーパー台風なのですが、最近ではフィリピンに上陸した台風30号がスーパー台風として有名ですよね。

地元の人も驚くぐらいの破壊力を持っており日本でも被害状況などがニュースとして報道されていました。

そんなフィリピンに上陸したスーパー台風の被害がこちら

2

負傷者なども含めると延べ7000人以上と言われているようです。

半端ないですね。
もう家という家がないですし、只の瓦礫の山になっています。

もしこの台風が日本へ上陸したらホントにヤバイかもしれません。

日本にもスーパー台風が上陸する可能性がある!?

なんと気象学の専門家や多くの専門家がスーパー台風は日本に上陸する恐れがあると指摘しているのです。

いやほんとにやめてくれと言いたいのですが、その原因はやはり【温暖化】の影響によるものらしいのです。

元々台風というものは、海面の水温が26度より高い場合、より強くなっていくのですが、現在の日本の場合は、水温が26度以下のため次第に衰えていくのですが、フィリピン付近は、あのスーパー台風が上陸した時は海面の水温が29度以上あったため、力が衰えずより一層強くなった台風が上陸したようなのです。

ですが、今後は温暖化の影響により、将来日本の海面水温も2.8度ほどまで上昇すると言われており、風速が88メートルという13年のスーパー台風が生まれやすくなり、そのような超大型台風が日本にいくつも上陸すると言われているようです。

正直今でも台風の影響で、土砂災害などの被害があるのにこれ以上強い台風が日本に上陸したら大変なことになるのではないでしょうか?

ですが、スーパー台風が日本に上陸する恐れがあるのは、今世紀末と言われているようなので、多少安心はあるのですが、やはり心配はありますよね。

スポンサーリンク

時間があるならシェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

関連記事

PREVIOUS
NEXT

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です