柳家喬太郎がつまらない理由とは?最もチケットが取れない落語家

【今おもしろい落語家ベスト50】で見事第一位に選ばれている柳家喬太郎。
落語の他にも映画・ドラマ・ラジオに出演するなど幅広い活躍を見せている。

だが、一方ではなにやら【つまらない】と言う事もちらほらと言われているようだ。
なぜなのだろうか?

そこで今回は、柳家喬太郎がつまらないという理由などを掘り下げていきたいと思う。

Sponsored Links

今最もチケット取れない落語家、柳家喬太郎がつまらないと言われる理由とは!?

まずは、柳家喬太郎のプロフィールを見ていこう。

  • 名前 :?柳家喬太郎 (やなぎやきょうたろう)
  • 本名 : 小原正也 (こはらまさや)
  • 年齢 : 1963年11月30日 (53歳)
  • 出身 : 東京都
  • 学歴 : 日本大学商学部経営学科

元々彼は、中学時代から落語が好きになり大学時代には【ストリート落語】なるものを行ったりと落語づけの毎日を送っていたようだ。
そのためか、【関東大学対抗落語選手権】では優勝を果たしている。
周りからは、大学卒業後は【プロ】になると誰もが思っていたようであるが、一転なんと大手書店に入社しサラリーマン生活となった。
この事を柳家喬太郎は以下のように語っている。

「落語で食べていこうとは思わなかった。こわかったんです。好きだっただけに、畏怖の念があった。それに僕は、普通の人生が送りたかったんです」

当時はかなりの現実的な考えを持った人だったようだ。
ちなみに柳家喬太郎は、関東大学対抗落語選手権で優勝をした時に一度だけプロになりたいと心の中で思ったようであるが、やはり怖くて諦めたようだ。

その後は、書店員として働くのであるがどうしても【落語】が忘れらなかったようで、1年半サラリーマンをした後、柳家さん喬に入門する。

柳家喬太郎と言えば【ウルトラマン落語】【午後の保健室】も有名である。
特にウルトラマン落語は、異色で元々趣味が講じて始めたのが、今ではDVDを出し円谷プロも公認するほど。

ちなみに上記のウルトラマン落語は、普通の落語ファンの反応は薄かったようだ。
だが、このような落語があるだけでも僕は、今まで落語が無縁だったかたも見やすいではないかと思う。

今ではテレビ・ドラマ・ラジオそして2016年公開の映画【スプリング、ハズ、カム】では映画初主演を果たし、【今最もチケットが取れない落語家】として人気を浴びている。

【今おもしろ落語家ベスト50】で1位を取った柳家喬太郎はつまらないのか!?

今や落語だけではなく、テレビ番組・ラジオ・映画・舞台とその人気は見て分かるのだが、何やら【つまらない】という噂があるようだ。
それは本当なのだろうか?

そこで、色々と調べると【つまらない】ではなく【口調(喋り方)】が気に食わない方がいるようだ。
ざっくりいうと落語家らしからぬ【チャラいしゃべり方】と言われている。

Yahoo知恵袋には以下のようなコメントがあった

口調がざっくばらんというか、荒いというか、ぶっちゃけギャル男っぽくないですか?

私は日本語にはさほど”うるさくない”のですが、あのチャラさは、猛烈に気になります。(苦笑
落語自体は、面白いんですが。

そう、落語は面白いがチャラい喋り方が気に食わないらしいが、これは本当に人それぞれではないだろうかと感じる。

この答えに多くの方は【全く問題ない】【全然気にならない】と言われているようだ。

僕自身は、このような喋り方がもしかすると、若者に人気の一つなのではないかと感じる。

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事