【横浜中華街・華龍飯店】で食中毒!?原因や症状は?

横浜中華街にある華龍飯店で食事をした学生ら62人が食中毒の症状を訴えた事が分かったようだ。
この学生は、修学旅行の最中であり中学生と報じられている。

楽しいはずの修学旅行が一転まさかこのような事態になるとは・・
しかし、一体62人もの人間が同じ症状を訴えているようだが、一体原因は何なのだろうか?

そこで今回は、華龍飯店で起きた食中毒の原因や症状について迫りたいと思う。

Sponsored Links

【横浜中華街・華龍飯店】62人が食中毒!?症状とは?

まず今回報道された内容が以下となる。

横浜中華街の中華料理店で食事をした修学旅行中の中学生ら62人が、食中毒の症状を訴えた。
横浜市によると、5月15日、中華街の「華龍飯店」で食事をした、北海道から修学旅行に来た中学生や教員62人が、下痢や腹痛など食中毒の症状を訴えたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170602-00000036-fnn-soci

今のところ症状は、下痢と腹痛の症状のようだ。
修学旅行に下痢や腹痛になるとはなんとも可愛そうである。

だが、今のところ大事に至った生徒などは出ていないのがなによりでもある。

また、華龍飯店の場所が以下となる。

今のところ何を食べて食中毒もなったかは報じられていないようだが、食べログには肉まんなどは美味しいとのコメントもある。

ただ、その一方食べ放題というスタイルは良いが、味は不味いというコメントも多い。
正直ハッキリと意見が割れている感じ・・・

僕自身は言ったことがないので、何とも言えないが真実はどうなのだろうか・・・

ネット上の反応

生徒が可哀想だから、食材には充分気を付けてください。
マジ!
中華街は近所だから週2回はお昼食べに行く。
裏通りにはランチ650円と手頃なんだよ。
しかし華龍飯店は行ったことないわ。
この店には行かないよう気を付けなきゃ。
中華街のお店の厨房って不衛生だもんな。それにコース料理は作り置きだし。食中毒が起きても不思議じゃない。
煮込み料理ならウェルシュ菌かもかね。折角の修学旅行が、可哀想に。
せっかくの修学旅行が台無し
ってか、強烈な思い出になってしまったな
食中毒を起こしちゃったのは仕方ないにしても、
張り紙に「臨時休業、調理器具故障のため」なんて
嘘の理由書くのはどうなの?

さすがにそこは「諸事情により」とか
「行政指導のため」とか事実を書くべきでは?

反省してないと思われるよ。

これから夏に向けて生は痛みやすい
皆さんも気を付けましょう

時間無制限で1980円、、、苦笑

こういう店で喰うからには、事前に正露丸など20錠くらい飲んでからにしましょう。

【横浜中華街・華龍飯店】食中毒の原因とは?

今のところ詳しい原因については報じられていないようだ。
だが、報道によれば6月1日から営業禁止処分となっているが、店の張り紙には【臨時休業・調理器具故障のため】と嘘の張り紙をしている事からちょっとどうなの?とも思う。

臨時休業だけで良かったのではないのか?とも思えるが、このような嘘をつく店の姿勢が食中毒が起きた根本的な原因なのかもしれない。

修学旅行で来た中学生は北海道から来た学生のようで、大変苦い思い出となったことは間違いない。
おそらく、これから先彼ら中学生の間では思い出となると思うが、原因についてはしっかりと調査してほしいと思う。

また、何か分かり次第追記したいと思う。

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事