四大陸フィギュアスケート選手権2017結果速報!男子と女子の順位と優勝

四大陸フィギュアスケート選手権【2017】2月16日(木)~19日(日)に行われる。
今大会では、全日本選手権をインフルで欠場した、羽生結弦も今大会から再始動するようだ。
彼にとっては、世界選手権に向けて負けられない戦いになるだろう。

さらに四大陸フィギュアスケート【2017】では、韓国・江陵アイスアリーナで開催されるのだが、18年に開催される平昌(ピョンチャン)五輪オリンピックと同じ会場なのだ。
五輪のプレイベントと位置づけられている大会なので、男子・女子共に先を見据えた演技に注目が集まる。

そこで今回は、四大陸フィギュアスケート【2017】の結果速報・男子・女子の優勝者や順位についてお伝えしたいと思う。
※今回は男女シングルのみをお伝えしたいと思う。

Sponsored Links

四大陸フィギュアスケート【2017】シングルの結果や順位と優勝者は!?

やはり今大会は、平昌(ピョンチャン)五輪オリンピックと同じ会場となり、五輪のプレイベントと考えている選手も少なくないと感じる。
先を見据えた各選手の演技にも注目が集まると思うが、やはり全日本選手権ではインフルで惜しくも欠場してしまった羽生結弦選手に注目が集まることは間違いないだろうな。

まずは、四大陸フィギュアスケート【2017】シングルに出場する選手を紹介しよう。

男子シングル出場選手

  • 羽生結弦(日本)
  • 宇野昌磨(日本)
  • 田中刑事(日本)
  • パトリック・チャン(カナダ)
  • ケヴィン・レイノルズ(カナダ)
  • ナム・グエン(カナダ)
  • ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
  • ネイサン・チェン(アメリカ)
  • グラント・ホッホスタイン(アメリカ)
  • アンドリュー・ドッズ(オーストラリア)
  • ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
  • マーク・ウェブスター(オーストラリア)
  • ボーヤン・ジン(中国)
  • ハン・ヤン(中国)
  • Micah TANG(台湾)
  • チー・イー・ツァオ(台湾)
  • レスリー・IP(香港)
  • リー・ハリー・ホウシェン(香港)
  • Harrison Jon-Yen WONG(香港)
  • アブザル・ラクムハリエフ(カザフスタン)
  • デニス・テン(カザフスタン)
  • チョウ・カイシァン(マレーシア)
  • ジュリアン・イー・ジージェイ(マレーシア)
  • マイケル・クリスチャン・マルティネス(フィリピン)
  • キム・ジンソ(韓国)
  • イ・ジュンヒョン(韓国)
  • Sihyeong LEE(韓国)
  • ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)

日本人選手以外で、注目すべき選手といえば【パトリック・チャン/ネイサン・チェン】辺りではないかと思う。

女子シングル出場選手

  • 宮原知子(日本)
  • 樋口新葉(日本)
  • 三原舞依(日本)
  • ケイトリン・オズモンド(カナダ)
  • ガブリエル・デールマン(カナダ)
  • アレイン・チャートランド(カナダ)
  • マライア・ベル(アメリカ)
  • カレン・チェン(アメリカ)
  • 長洲未来(アメリカ)
  • カイラニ・クレイン(オーストラリア)
  • ブルックリー・ハン(オーストラリア)
  • シァンニン・リー(中国)
  • ジジュン・リー(中国)
  • ツーチュワン・チャオ(中国)
  • エイミー・リン(台湾)
  • メイジー・フェイ・チン・マ(香港)
  • エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
  • チェ・ダビン(韓国)
  • キム・ナヒョン(韓国)
  • ソン・ソヒョン(韓国)
  • Chloe ING(シンガポール)
  • Shuran YU(シンガポール)
  • ミケラ・デュ・トイ(南アフリカ共和国)

やはり女子シングルでの優勝候補となると16年の全日本選手権で3連覇をした日本の女王【宮原知子】である。
樋口新葉選手や三原舞依選手も実力は間違いなくトップクラスであるが、宮原知子は別格の強さを持っている。

【男子・女子シングル】ショート・フリーの順位と優勝者

男子・女子シングルのショート・フリーの順位と優勝は、分かり次第追記する。

今大会では、平昌(ピョンチャン)五輪オリンピックと同じ会場で行われる。
特に注目されている選手は、先を見据えた演技を披露すると思われる為、注目しながら見たい。

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事