【全部、言っちゃうね。】の内容がガチでやばい!?ヤラセや炎上商法との声も…

千眼美子(清水富美加)が【幸福の科学】へ出家した騒動で何やら動きがあったようだ。
それが、【全部、言っちゃうね。】というタイトルの本を出版するらしい。
それも2017年2月17日に発売予定である。

千眼美子(清水富美加)が芸能界を電撃引退すると報道されたのが、2月12日になるわけであるが、あまりにも早い本の出版である。
おそらく前々から今回の騒動は計画されていたものだったとこの本の出版を見れば分かる。
現状で【全部、言っちゃうね。】は、幸福の科学とAmazonより先行販売され、書店には順次販売される。

ネット上では既に話題を呼んでおり、現状では入荷待ちの状態のようだ。

そこで今回は、千眼美子(清水富美加)が出版した【全部、言っちゃうね。】の内容やなぜこのタイミングで出版したのかを追求したいと思う。

Sponsored Links

炎上?幸福の科学信者増やす?一体なぜ今このタイミングで出版なのか?【全部、言っちゃうね。】内容は千眼美子(清水富美加)の本心!?

まず今回、千眼美子(清水富美加)のツイッターで以下のような本の告知が行われた。

2月12日の電撃引退からまだ5日しか経っていないにも関わらず、異例のスピードでの本の出版である。
やはりこの騒動事態、以前からこの【全部、言っちゃうね。】出版・芸能界引退は計画されていたものと推測していいのではないだろうか?

となれば、一つ言えるのは現状騒ぎになっている映画への出演キャンセルの話である。
被害額は数十億円にもなると言われているほどだ。
仮に前々から計画されていたことならば、一体何故このタイミングなんだろう…
明らかに成人の人間・業界の人間であれば、今このタイミングで引退をすれば、レプロだけではなく他の出演者や関係者にとてつもない迷惑を掛けると分かっていたはずだ。

その辺りの考えが僕は、どうも分からない…
これももしかすると【幸福の科学】のシナリオなのか?
一体何がしたいんだ…

厳しい言い方であると思うが、このように無責任に芸能界を去っていく人が、出家して一体何ができるのだろうか?

ネット上では、今回出版となった【全部、言っちゃうね。】について様々な事が言われている。
中には購入前から内容を批判する人や炎上商法・幸福の科学信者増やす・芸能界を本気でぶったぎる、などと様々な意見が飛び交っている。
その中で一部をお伝えしたいと思う。

あまりにも
段取りが良すぎはしないか?

精神的にギリギリだったんじゃなかったの?
そんな人にはそんな余裕ないはずだよ?

準備良過ぎてイメージ的にはマイナスになりそうだけど売って儲けるならこのタイミングって事なのかな。

ドタ引→世間が騒ぐ→みんな本読む→幸福の科学っていいなぁ→信者が増えてお金ガッポリ、ってことです。本の収益も団体に入ると思います。

イメージがもともと良くないが故に、尚更悪い方向に向かっていく…。ちなみに、幸福の科学は信者の数、お金目的の宗教団体ではありませんよ。マスコミがこぞってそういう面しか報道しないので、そういう風にみえるのも仕方ないと思いますが…

完全に「幸福の科学」の広告塔だな。

大好きだったのに。
「死にたかった7年」なんて、今まで楽しく見てきたものを否定されて悲しいです。
可哀相だな…と思ってたけど、騒動で沢山の映画関係者が困っている真っ只中に本出すとか、もう本当にがっかり。

これは、完全に宗教と結託した出来レースですね。。。
いくらなんでも、早すぎるでしょ。
事前に準備していた可能性大。

告白本と言うより、暴露本のように思える。
怪しい人になったな。

これは戦略を誤ったね
なんとなく被害者っぽかったけど、これで加害者キャラ確定
お疲れさまでした

結局彼女の行動を批判してた人たちの方が正しかった。

新たに作られたアカウントが完全に幸福の科学側によるものだというのが明るみになっただけ

印税は全部幸福の科学の活動資金だろ。
買う人はそれを心得て欲しい。

圧倒的に千眼美子(清水富美加)が出した【全部、言っちゃうね。】に関しては、イメージが悪いようだ。
だが、現状で本の売れ行きは、既に幸福の科学及びAmazonでは売れきれ状態であるが、おそらくマスコミ・関係者達が報道の為にこぞって購入しているのではないかと感じる。

だが、話題性としてはここまで膨れ上がっているので、購入される方は多いだろう。
現在は入荷待ちの状態で最初に購入した人の手に渡るのは、おそらく早くて2月17日の夕方~18日辺りが妥当だと思う。

千眼美子(清水富美加)が出版した【全部、言っちゃうね。】の内容は一体なに!?

そんな彼女が出した本であるが、ネット上で内容は暴露本・幸福の科学監修と言われているようであるが、一体どのような事が書かれているのだろうか?
また、本当に千眼美子(清水富美加)が考えて執筆したのかさえ怪しいものである。

まず内容紹介には以下のような事が書かれている。

【緊急告白】
死にたかった7年、
死ななかった7年。

一連の騒動の真相は? 幸福の科学って?
せっかく人気女優になれたのに?
友だちや仕事でお世話になった人、
そして心配してくれるたくさんの人たちへ。
すべての疑問に、自分の言葉で答えました。

  • 著者 :?千眼美子(清水富美加)
  • 定価 : 1,296円(税込み)
  • 発行元 :?幸福の科学出版
  • ISBN : 978-4-86395-881-4

むしろ本の内容紹介の時点で、彼女の文章力ではないことが伺えるがどうなのだろうか…
全ての疑問に自分の言葉で応えた。と記載されていることから、千眼美子(清水富美加)は質問に応えただけなのかな?
ならば、10%千眼美子(清水富美加)・90%幸福の科学といった割合かもしれないな。

本の内容である構成は大まかに以下のようになっている。

  1. 「でも今日、出家します。」
  2. 「死にたかった7年、死ななかった7年。」
  3. 「私の生い立ち」
  4. 「ずっと幸福の科学」

の4章構成であり147ページであるのだが、今月11日から医師の立ち会いのもと、編集者がインタビューしまとめたものらしいのだが、あまりにも早すぎる出版であると感じる。
まえがき・あとがきには今回の騒動に触れているようであるが、おそらく予想できた範囲内のでの事を書いている可能性が高い。

1章では役作りの為に虫を食べたことを告白し、今までの仕事の中には「悪魔」のお手伝いをしてしまったかと思うとつらいとも記載がある。
さらに清水富美加で得たものを全て捨て出家を決意し、悩みのタネだった好きな人の事も忘れタバコもやめたという内容がかかれている。
ちなみにこの好きな人というのが、今話題になっており人気ロックバンドのメンバーAだと言われているが、交際していたようで、いわいる不倫関係だったようだ。勿論清水富美加はあとでその事を知ることになるのだが。

清水富美加の元交際相手であるロックバンドのメンバーAって誰!?

2章では過去に自殺未遂の過去を衝撃告白している。
水着仕事がいやで、本の中で「要はおかずですよね。」と告白。
また、握手会に来てくれたファンのおじさんにも嫌悪感を明かし、手がヌルヌルして気持ち悪い、この人が渡しの写真やDVDを見て何をしているんだろうと考えたら悲しくなった。
その後、虚無感に襲われ16歳の誕生日に「ガムテープを口と鼻に貼った」「リストカットも右手首に今もなお残っている」と本の中で打ち明けている。

※本の内容に関しては、実際に読ませてもらってから記載したいと思うので、もうしばらく待って欲しい。

今回、千眼美子(清水富美加)は「全部、言っちゃうね。」という暴露本?を出版したのであるが、タイトルをもう一度確認して欲しい。
【全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~】である。
出家しまする。だと?ふざけている感じが伝わるのは僕だけだろうか?

ネット上では、本を出版したことによって様々な批判を受けているが、今の映画出演キャンセル・代役騒動など色々と大変な時期に内容がどうあれこの本を出したのはまずかったのではないかと感じる。

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事