福島・浪江町で山林火災・火事!?現場画像や原因は一体なに?

福島県浪江町の山林で火災・火事が発生ているようだ。
現在消火活動が続いているようであるが、7万平方メートル以上が延焼している。

そこで今回は、浪江町の山林火災の原因や現場画像についてお伝えしたいと思う。

福島・浪江町の山林で火災・火事!?現場画像はある?

まず今回報道された内容が以下となる。

福島第一原発の事故で人が立ち入れない福島県浪江町の山林で火災が発生し、自衛隊などが消火活動にあたっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170430-00000022-nnn-soci

今回火災が起きてる山林現場は、福島原発事故ので帰還困難区域に指定されている場所。
29日に町の防犯見守り隊から通報があり今回の火災が発覚したようだ。

現場画像は以下となる。

現場は帰還困難区域に指定されている為、地上からは近づけず自衛隊などが防災ヘリを使って消火活動をしている。

上記の画像はヘリから消火活動をしている所のようだが、一時は鎮火状態となったが、風の影響なので火災が再発したようである。
今もなお福島県浪江町の山林では消火活動にあたっているが、やはり地上からの消火活動が出来ないことは厳しいのかもしれない。

福島県浪江町の山林火災の原因とは?

そんな火災の原因であるが、今の所詳細な所は分かっていないようだ。
やはり自然発火が一番有力であると感じる。

理由としては、現場周辺は福島第一原発事故で帰還困難区域にされている為、長期間人が立ち入っていない場所なので、人為的な火災とは考えられない。
山林での自然発火ってどのように起きるのだろうか?と疑問に思うが、可能性としては高いと感じる。

また、帰還困難区域に指定されているため今の所この火災での怪我人などはいないと報告されている。
おそらく今後の消火活動はヘリからとなり、風もあり厳しく難しいと思うが、自衛隊の方には頑張ってもらいたいと願う。

また、何か分かり次第追記したいと思う。

シェアお願いします(/・ω・)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事