イモト&石崎Dのコンビがあのヱヴァンゲリオンの有名シーンを再現!?

なんとあの大人気アニメ【ヱヴァンゲリオン】の碇シンジとカヲル君が出会う有名なシーンを【世界の果てまでイッテQ!】のイモトと石崎ディレクターの名物コンビが再現したのです。
イモトが、碇シンジを演じ、あの石崎ディレクターが、カヲル君を演じました。www
そのクオリティが、想像通り酷くファンの怒りを買う仕上がりなのです。wwww

今回は、そんなクオリティがヤバ過ぎるイモト&石崎ディレクターのヱヴァンゲリオンの再現をご覧ください。www

スポンサーリンク

クオリティがヤバ過ぎる、イモト&石崎Dのカヲル君と碇シンジの再現www

そもそもヱヴァンゲリオンのどのシーンを再現するかというと下記のシーンです。

3

ファンなら誰も知る碇シンジと渚カヲルが初めて出会う有名なシーンですよね。

そもそも、何故今回このシーンを再現するかというと、今回イモト達はアメリカツアーでロケを行っていました。
その中で、カリフォルニア州の塩湖【モノ湖】という絶景スポットが、上記ヱヴァンゲリオンのシーンの世界に似ていると今日本で話題になっているらしいのです。
それを知っている、エヴァ大好き石崎Dは、どうしても訪れたく、あのシーンを再現したかった場所なのです。www

ヱヴァンゲリオンの世界に似ている言われている、モノ湖はこちら

4

5

言われてみれば、似ていますね。
ファンであれば一度は言ってみたい場所ですし、絶景ポイントとしても有名な所らしいです。

それでは、イモト&石崎ディレクターがヱヴァンゲリオンの碇シンジと渚カヲル君が初めて出会うシーンを再現した画像がこちらwww

5

 

6

7

8

9

 

えぇーーーーーーーーーー 誰ですか!?とツッコミを入れたくなるほどの出来栄えwww

まぁ、こんな感じで再現したのですが、人物は別として場所のクオリティが高すぎるし、【モノ湖】がヱヴァンゲリオンの世界に似ていると言われる理由が分かりますね。
ですが、人物がありえないほどの低クオリティで、もはやネタにしかなっていない。www

石崎ディレクターは、ヱヴァンゲリオンのファンらしいので、意外と真面目にやったつもりのようで、しっかりとオリジナルのカヲル君の鼻歌まで真似していましたが、最後の振り向きがヤバすぎます。
これは、カヲル君ファンに怒られちゃいますよwww

後ほど、イモトから顔ヤバかったよと言われた石崎Dでしたが、自覚がないようでした。www

僕的には、面白かったですしこんな場所があったなんて知らなかったので、これからもこのようなネタをやってほしいと思います。www

スポンサーリンク

こちらの記事が面白かったり、役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事

PREVIOUS
NEXT

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です