石嶺香織がFacebook投稿で炎上で辞職!?自衛隊に恨みあるの!?

宮古島市議の石嶺香織がFacebookに自衛隊に向けた投稿が現在物議かもし炎上しているようだ。
現在そのFacebookの投稿は削除されており、謝罪もされているようである。

まぁ、誰がどのような発言を言おうとある程度は自由とは思うが、やはり影響力があったり知名度の高い人の発言時としてこのような事態になるのだろう。
また、石嶺香織が発言した内容もやはり市議としての発言とは思えない、一般人のような発言であると感じる。

そこで今回は、石嶺香織が炎上騒ぎまで起こしたFacebook上で自衛隊向け投稿した内容や辞職について追求していきたいと思う。

Sponsored Links

石嶺香織は自衛隊になにか恨みでもあるのか!?Facebook上で投稿した内容は悪意があるきがしてならない・・・

まず今回報道された内容がこちら

沖縄県の宮古島市議が自身のフェイスブックに「自衛隊員が来ると島で婦女暴行事件が起きる」などと投稿し、炎上。「自衛隊全体を批判しているわけではない」と再度投稿し、謝罪したものの「戦争のための軍隊という仕組みに対して(批判した)」との部分に再び批判が殺到、市議は2つの投稿を削除した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000504-san-pol

とまぁ、一つ目の投稿で炎上したので弁解するもそれがまた炎上したようだ。
人それぞれ考えは違うと思うが、やはり市議としての発言とは思えない。
勝手な妄想でそこまで言われる、自衛隊の気持ちはわからないのかな?
現在彼女は、Facebook上で投稿した2つの投稿について謝罪文を出している。

簡単にこの炎上騒ぎの流れを説明したいと思う。

まず石嶺香織は、3月9日にFacebook上に以下の投稿をする。

「海兵隊からこのような訓練を受けた陸上自衛隊が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる。軍隊とはそういうもの。沖縄本島で起こった数々の事件がそれを証明している」

この投稿が炎上を呼び、辞職や勝手に自衛隊をそのような扱いをするなんて許せない。といった声が相次いだ。

そして次に石嶺香織は、弁明と共に3月10日に以下の投稿をFacebookにしている。

「自衛隊全体を批判しているわけでも、個人を批判しているわけでもありません。私が批判しているのは、自衛隊員個々の人格に対してではなく、戦争のための軍隊という仕組みに対してです」「現在の自衛隊という組織が米軍と一体化して、専守防衛の枠を外れつつあることに強い危機感を持っています。海兵隊は人を殺すことに対して感情を殺すように訓練されています」などとして、「海兵隊に訓練を受けた陸上自衛隊が今後、米海兵隊と同質のものになる可能性があります」

「『絶対』という表現を使ったことは不適切でした。訂正いたします」

弁明や釈明をしたかったようであるが、結果的にはそのような事が起こり得ると主張しているため、またもや批判・炎上騒ぎとなった。
このような流れになってしまった為、石嶺香織は2つのFacebookの投稿を削除している。

その後、3月12日に以下の謝罪文を報道機関に発表している。

「事実に基づかない表現でした。おわびして撤回いたします」

だが、やはり言われたほうや家族に自衛隊を持たれている方はこの謝罪では納得はいかないだろうな・・

ネット上では以下のような意見があるようだ。

ひどいね!これは。思い込みだけでこの発言できるのは議員で有るべきではない

経歴をみるとプロ市民が議員になって行動しているように感じる。
宮古島の方々、こんなのを議員にしては駄目ですよ。

とても看過できる発言ではない。
自衛隊員に対する冒涜に他ならない。

うちの友人に自衛隊の奴がいるけど、大変だけど凄い頑張ってるよ。許せないねそんな言い方。

こういう発言をできてしまう感覚の人間が、議員に混じることが多くなってきてる気がする。

こういう偏った思想の持ち主は、市議にふさわしくない。
辞任を求める。

災害時に人命救助で活躍もしてくれる自衛隊を、そういう部分は無視してことさらに貶めるのは自衛隊の力をそいでどこかの国々に協力したい人たちかしらね?

これこそヘイト(スピーチ)じゃないの?

議員になろうとする人を良く知るにはどうしたらいいか考えさせられる良い事例だと思う。
紙に書いたものや演説をちょっと聞いただけではわからないのがもどかしい。

個人を批判したわけではないと言うが、これを聞いた隊員個人、個人は心を傷めると思いますよ。

やはりネット上では、辞職を望む声が多いようだ。
僕もこのFacebook上の発言は、多少度が過ぎていると感じる。

石嶺香織とは!?

今回問題になっている彼女であるが、今年1月に市議補選で初当選したばかりの人物である。
まさか、当選した2ヶ月後にこのような発言とはある意味すごいな。

プロフィールは以下となる。

  • 名前 : 石嶺香織
  • 年齢 : 36歳
  • 職業 : 宮古島市議
  • 住所 : 沖縄県宮古島
  • 学歴 : 大阪外国語大学中退

彼女も今回のFacebook上の発言は、女性の為や自身の子供の為に発言した内容と思うが、あまりにも自衛隊の大切さを分かっていない発言である。
自衛隊の方たちが、災害時にどれだけ働いているかわからないのだろうか?

今回、石嶺香織は初当選したばかりであるが、この謝罪だけではおそらく辞職という声は収まらないと思われる。
どんなに自衛隊に対してそのような思うことがあろうとも、軽はずみに市議である自身のFacebookで発言していい内容とはとても思えない。

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事