【大田区多摩川】解体工事現場で足場が崩れる事故!?現場画像や原因は?

東京都大田区多摩川の解体工事現場で足場崩れる事故が発生したようである。
また、この事故で作業員の男性が一時宙づりの状態となったが、現在救出されている。

いや本当に救出されてよかった。
だが、一体なぜ足場が崩れたのだろうか・・・

そこで今回は、東京都大田区の解体工事現場で足場が崩れた現場画像や原因について迫りたいと思う。

Sponsored Links

【大田区多摩川】解体工事現場で足場崩れる事故!?

まず今回報道された内容が以下となる。

7日夕方、東京・大田区で解体工事現場の足場が崩れ、作業員の男性が一時、宙づり状態になりましたが、午後5時前に救助されました。

引用元 : https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170707-00000147-jnn-soci

事故が起きたのは、7月7日午後4時頃。

事故当時は、作業員の男性一人が2階部分で宙づりの状態になっていたが、午後5時頃に救出されている。
だが、一体なぜ足場が崩れたのか気になるところでもある。

ただ、宙づりになったことは安全帯をしっかりと使われていたと思われる。
その方は安全帯の大切さを身にしみて分かったと思う。

【大田区多摩川】解体工事現場で足場崩れた現場画像や原因は?

まず現場画像がこちらになる。

おそらく救急隊の方がいる部分が足場が崩れたのだろう。
今のところ崩れた原因は分かっていないが、安全帯をされていた事で宙づりになりケガがなかったのだろうと思う。

安全を疎かにしてはいけないことが分かる事故だな。

▼【2016年度の犯罪認知件数99万件/検挙率33%】事件や事故に巻き込まれ仕事が出来ない身体になってからでは遅い!保険に入るまたはプロの保険料見直しが大事です!▼
【保険料が半額になった保険見直し】

スポンサーリンク

シェアお願いします(/・ω・)/

オススメ記事(スポンサーリンク含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事