【新名神高速建設工事現場】鉄板が作業員に落下事故!!画像や原因は?

新名神高速の建設工事現場で重機が吊っていた鉄板が作業員の上に落ちたと報じられた。
この事故により、男性作業員の方は意識不明のようである。

事故の原因も気になる所ではあるが、作業員の男性はもしかして吊っていた鉄板の真下付近にいた可能性もありえるし、重機が鉄板を動かす際に作業員の真上を移動させた時に何かの弾みで落下したとも考えられる。

そこで今回は、新名神高速建設工事現場で鉄板が作業員に落下した事故の原因や現場画像について迫りたいと思う。

【新名神高速建設工事現場】重機が吊っていた鉄板が作業員に落下!?

まず今回報道された内容が以下となる。

19日午後0時40分頃、大阪府箕面市下止々呂美の新名神高速道路の建設工事現場付近で「重機がつっていた鉄板が作業員の上に落ちた」と119番があった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00050070-yom-soci

鉄板が落下した作業員の方は現在意識がないと報じられている。

また、この工事現場では2016年5月にも鉄製の仮受け台が箕面有料道路上に倒れる事故が起きている。
ネット上では呪われているのではないのか?とも言われているようである・・・

ネット上の反応

この工事、再開するなりこれって。

呪われとるなー

鉄板が落ちてきて?怖すぎる・・・

 

また新名神の工事現場で事故かいな。どないなってんのやろか。
お祓いした方がいいよ。
道の真ん中にある岩とか撤去しなかったか?
場所が違うだけで同じ路線で事故ですか?!!

事故の教訓も生かされない現場・・・。

技術以前の問題でしょう?!!

建設関係の仕事も安全管理が厳しくなって、作業員でも色んな講習を受けてないと現場に入れなかったり作業が制限されたりする。
なのに何でこんなに大きな事故が続くんだろうか。
完成したら便利になりますが、工事の周辺の住民の方にはこの前の件もあったのにどう説明するのでしょうか?「安全第一でやります。」信用できないですね…鉄道がいいかな?
積み荷の下に入るなって。
倉庫や工事現場の鉄則やろ。

【新名神高速建設工事現場】鉄板が落下した原因や現場画像は?

今のところ事故が起きた現場画像は公開されていないようだ。

また、鉄板が落下した原因も詳しく公表されていない。
一体どのような状況で落下したのだろうか・・・?

鉄板が落下した作業員の方は、元々重機で吊っていた鉄板を誘導するような事をしていたのか、それとも全く関係ない事をしており、たまたまその場所に鉄板を吊った重機が移動してきて上から落下したのだろうか・・

もしも仮に前者であれば、安全管理に大変問題があると感じる。
ただ、後者の可能性もあるが、その場合は周囲の方が何かしら呼びかけると思うが・・・

原因などに関しては、分かり次第追記したいと思う。

追記

現場付近の画像がこちらなる。

作業員の男性は40代のようで、搬送先の病院で死亡が確認されたようだ。
そして鉄板の重さは約800キロと言われている。

また、鉄板が落下した原因はフッから鉄板が外れて下の作業員が挟まれたようだ。

シェアお願いします(/・ω・)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事