柏病院の電話の依頼を断るのは適切な対応!?断った看護師とは?

柏市市立柏病院で昨年12月に同市内の老人ホームに入居しているパーキンソン病患者が、病院で介護タクシーを呼ぶよう看護師にお願いした所断られ、仕方なく歩いて帰った。
だが、その男性はその日を堺に行方不明になり、1ヶ月後遺体として発見された。
解剖の結果死亡日は、行方不明になったとされている。

もしも、この看護師が親切心で電話を貸してあげ介護タクシーを呼ぶことが出来たのならば男性は、老人ホームの方たちと年を越せたのではないかと感じる。

そこで今回は、本当に柏病院の対応が適切だったのか追求してきたいと思う。

一体なぜ柏病院の看護師は電話を貸さなかったのか!?

まず今回報道された内容がこちらである。

千葉県柏市内の老人ホームに入居していたパーキンソン病患者の男性(72)が昨年12月、市立柏病院で介護タクシーを呼ぶよう頼んだところ断られ、約1カ月後に別の場所で遺体で発見されていたことが病院関係者らへの取材で分かった。男性は要介護3で歩行にはつえが必要だったが、直線距離で約3キロあるホームまで歩いて帰ろうとした可能性があるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00000132-mai-soci

報道によれば、この男性は柏病院で診察を受けた後、介護タクシーで帰ろうとした。
だが肝心の電話をかける為のお金を持ち合わせて無かったのだ。
そこで、病院窓口の看護師に電話をしてほしいと依頼をしたようであるが。
以下のような返答だった。

「対応は難しい」

と断られ、男性は「そうですよね。」と言って歩いて帰っていった。
その後行方不明となり約1ヶ月後に遺体として発見された。
死亡日は彼が、病院側から電話の依頼を断られて歩いて帰った日である。

現段階では、病院と男性の死亡の関係は明らかになっていない。
だが、一体何故この看護師は電話の依頼を断ったのだろうか?
十分看護師としての仕事は忙しく大変なことは僕でも分かる。
だが、車で送ってくれ。とはこの男性は頼んでいない。
電話の依頼をお願いしているだけだ。仮にこの看護師がその時忙しかったのであれば、別の人にお願いしてもいいわである。
僕自身、病院の対応と男性のとの関係は不明であるが、この看護師の対応は問題なのではないかと感じる。

仮にもしも電話の依頼に対応していたのならば、この男性は寒い中一人ぼっちにならずに済んだ可能性はとても高いと感じる。

また、柏病院や柏市保健福祉部の佐藤靖理事は以下のように答えている。

「男性には個々の患者の要望に応えるのは困難と伝え、理解もいただいた」

「外来患者は1日500人以上おり、対応には限界がある」

電話の依頼という行為が、そんなに困難な対応なのか?と疑問に思ってしまう。
お金を貸してくれ、老人ホームまで送ってくれ、といった対応ならば難しいかもしれない。
僕自身【電話の依頼】をどうして断ったのか分からないな。

また、この看護師にも関しても現状では分かっていないようだ。

もっと親切心がある看護師にこの男性が話しかけていればよかったのだがと感じる。
また、何か分かり次第追記したいと思う。

シェアお願いします(/・ω・)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事