【千葉県】三井化学茂原分工場で火災(火事)!?現場画像や原因は?

千葉県茂原市にある三井化学茂原分工場で火災(火事)が発生したようです。
119番は火災信号を受信した工場の警備員から通報が入っていると報じられています。

現状の報道では、危険物を保管する倉庫から出火しているようで、周囲の住民に避難を呼びかけていると言われています。

そこで今回は、三井化学茂原分工場で起きている火災(火事)の現場画像や原因について迫りたいと思います。

【千葉県茂原市】三井化学茂原分工場で火災(火事)!?

まず今回報道された内容が以下となります。

27日午前11時5分ごろ、千葉県茂原市東郷の三井化学茂原分工場で火災が起きていると、火災信号を受信した工場の警備員から119番通報があった。

引用元 : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000525-san-soci

問題が起きたのは、2017年7月27日の午前11時頃のようです。
場所は千葉県にある【三井化学茂原分工場】の過酸化物倉庫という建物のようです。
また、情報によれば爆発したという情報もあるようですが、今のところ断定できる情報ではないようです。

ちなみに三井化学茂原分工場の地図が以下になります。

今のところ消火活動が終えたという情報がないようなので周辺に住まわれている方は、避難をされた方が懸命だと思います。

ネット上の反応

何度目だろう…。
負傷者の人の怪我が軽いことを
願います。
そもそもの老朽化もあるので、2年に一度の定期点検だけじゃ厳しいのか。
大きな火事にならんかったらええんやけど。

三井化学茂原分工場で起きた火災(火事)の現場画像や原因は?

そんな現場画像が以下になります。

また、今のところ出火原因などは分かっていないようですが、早急に消火されることを祈りたいと思います。
三井化学本社の話によれば、火災(火事)が起きている倉庫はコピー機のトナー用の樹脂を製造する工場の一角にある危険物の倉庫だという事が分かっているようです。

さらに現在どのような物が倉庫に保管されているのか確認しているようで、工場周辺への危険性はないと発表しているようですが、今回の火災が落ち着くまで避難をしていた方がいいのかもしれません。

周辺に勤務する人は、ものすごい音が聞こえ、灰色っぽい煙が上がったとも話されているようです。

▼【2016年度の火災件数36,773件】火災が起きてからでは遅い!!万が一に備える▼
【火災保険の見積もりはこちら】

シェアお願いします(/・ω・)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事